グルメ・マーケットに花開く21世紀のメッゼ

0

th_Arabica_banner

Arabica Bar and Kitchen アラビカ・バー&キッチン

ますますファッショナブルになっていくロンドンの胃袋、バラ・マーケットの端っこに昨年夏に登場した現代風中東キッチン&バー。ひそかなトレンドになっている中東料理のモダン化に拍車をかけるグッド・ヴァイブなレストランです ^^

突き出しは中東スパイスのポップコーン☆

突き出しは中東スパイスのポップコーン☆

レバノンやシリア、イスラエル、ヨルダンを含む「レバント」と言われる中東地域の料理をカバーしているアラビカの共同オーナーは、2000年頃から中東食材を扱うショップとして、またメッゼを提供する小規模ストールとして大きく飛躍するチャンスを伺っていました。どこかよいロケーションがないかと探していたところ、突然バラ・マーケット内にスペースの空きがあると連絡があり、ついに2014年に堂々レストランをオープンできる運びとなったわけです。

本格バーでは各種カクテルやバー・メニューを楽しむことができます

本格バーでは各種カクテルやバー・メニューを楽しむことができます

中東料理というと肉料理を思い描きがちですが、メッゼ類は野菜ベースのものが多いのでヘルス・コンシャスな人にはうれしいところ。例えばアラビカ特製のディップ系メッゼの中でも、ぜひ頼んでいただきたいのがスパイス風味の中にも甘味を感じる赤ピーマンのディップ「Muhummara」です。ナッツの歯ごたえがほどよく、繊細な味を楽しむことができます☆

レッドペッパーをニンニクやレモンで味付けsした「ムハンムラ」の美味しいこと♪

レッドペッパーをニンニクやレモンで味付けsした「ムハンムラ」の美味しいこと♪

ディップ系メッゼを頼むとフラットブレッドは付いてきますが、クレイ・オーブンで香ばしく焼かれるトッピング付きブレッドも試してみたいところ。おすすめは中東の代表的なスパイス「スマック」や胡麻をトッピングした「Za’atar Man’ousheh」。独特の風味がエキゾチック、アツアツが美味しいのです♪

右上は伝統の焼きナス料理「ババガヌッシュ」だが、全く違うアプローチで作られているのでまるで中東風茄子田楽のよう。一工夫あるファラフェル(右下)やスマックのフラットブレッドも旨い

右上は伝統の焼きナス料理「ババガヌッシュ」だが、ペーストではなくまるで中東風茄子田楽のような仕上がり。
一工夫あるファラフェル(右下)やスマックのフラットブレッドも旨い

日常的にロンドナーたちに親しまれている中東の味、ヒヨコ豆のコロッケ「ファラフェル」も、アラビカのものはひと味違います! ひと味違うファラフェルは、ぜひご自身の舌で他店と比べてみてくださいね。

ハーブがよい仕事をしている魚の炭火焼き。左下はエジプト風の炒飯だけど味はいまひとつ

ハーブがよい仕事をしている魚の炭火焼き。左下はエジプト風の炒飯だけど味はいまひとつ

肉や魚の炭火焼きセクションにはキョフテやシシなど伝統料理の名前が並んでいますが、当然アラビカらしいレシピで作られているに違いありません。一匹まるごと炭火焼きにしたスズキはフェンネルやレモンのプリザーブを使った中東らしい味付け。ディルがなかなかいい仕事をしていました。

デザートはキュネフェ以外のものを!

デザートはキュネフェ以外のものを!

デザートからは裂けるチーズで作る伝統の味「キュネフェ」を頼んでみましたが、これはやはり本場で食べるほうが美味しいのかも。本来はシロップ漬けにするはずなのですが、あまり甘味を感じず、塩味のデザートみたいでした ^^;

ヴィクトリア朝時代の建物を改装した店内は、高さを上手に利用したアラビック・コンテンポラリー。外に並ぶテーブル席は、バラ・マーケットを行き交う人々をウォッチングするのに最適のスポットです。

3 Rochester Walk, Borough Market, London SE1 9AF

店名Arabica Bar and Kitchen
最寄り駅London Bridge
住所3 Rochester Walk, Borough Market, London SE1 9AF
電話番号020 3011 5151
営業時間月〜水 11:00 – 22:30 木 8:30 - 23:00 / 金・土 8:30 – 23:30 日 11:00 – 16:00
URLhttp://www.arabicabarandkitchen.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す