ニューウェーブ・ギリシャはタパス・スタイルがお似合い

0

th_Opso_banner

Opso オプソ

昨年夏、マリルボーンに颯爽と登場したコンテンポラリー・ギリシャの注目店。メッゼというよりも「タパス」と呼ぶほうがしっくり来る洗練された小皿料理が自慢です。

th_Opso0

直線が目立つすっきりモダンなインテリアが◎

直線が目立つすっきりモダンなインテリアが◎

インテリアも北欧スタイルのすっきりモダンで、伝統的なギリシャ料理のイメージを打ち消すのに十分。どんな新キュイジーヌが食べられるのか、思わず期待してしまうトレンドのツボを抑えた仕様がグッドなのです☆

軽いランチにぴったりの

軽いランチにぴったりのスパナコピタ☆

ランチとディナーはほぼ同じメニューで、数多くの小皿料理の中から、この日はランチらしいものをピックアップ。木製ボードにのってナイフが突き刺さってくるホウレンソウとフェタ・チーズの伝統パイ「スパナコピタ」はフィリングたっぷりで田舎風プレゼンテーションがニクい演出。ビートルートのサラダは濃厚なガーリック・ソースが味の決め手、美味しいクルトン入りマッシュルームのカプチーノ・スープもおすすめです☆

美しいプレゼンのファヴァ・ビーンズのスプレッドと、サーモンのグリル(小さい!)

美しいプレゼンのファヴァ・ビーンズのスプレッドと、サーモンのグリル(小さい!)

空豆「Fava bean」のスプレッドは好物なのですが、当店のものは滑らかすぎて物足りない感じがしたけれどカラフルで美しいプレゼンテーションにはテンション上がりました ^^

モラセスの甘さだから身体にやさしい。コーヒーに付いてくるビスケットが旨し♪

モラセスの甘さだから身体にやさしい。コーヒーに付いてくるビスケットも旨し♪

デザートも目移りするほどいろいろあるのですが、なぜかとっても目を引いたギリシャのクッキーでソルト・キャラメル・アイスをサンドしたものをチョイス。甘甘ですが(笑)、インパクトのあるデザートでした。

th_Opso1

夜になると入り口すぐのバーカウンターでワインとタパスを楽しむ人々の姿も。通しでオープンしているのでケーキとコーヒーのティータイムにも利用可能。そんな使い勝手のよさがグルメなロンドナーに受けて、人気上昇中です ^^

10 Paddington Street London W1U 5QL

店名Opso
最寄り駅Baker Street / Regent’s Park
住所10 Paddington Street London W1U 5QL
電話番号020 7487 5088
営業時間月〜金 12:00 – 23:00 土 10:00 – 22:30 日 10:00 – 18:00
URLhttp://www.opso.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す