SOHOのタパス・キング

0

th_Barrafina_soho_banner

Barrafina Frith Street   バラフィーナ  フリス・ストリート

予約を取らない、カウンター・オンリー、行列覚悟。人気の理由? 新鮮な生食材を活かす技術、フレンドリーなスタッフと、グッド・ヴァイブ! ロンドンで長らく続いている食トレンドの見本市のようなバラフィーナ第一号店は2007年のオープン時から、その人気は衰えることを知りません。

開店待ちする人達が店の前に ^^

開店待ちする人達が店の前に ^^

細長い店内のL字型カウンターに備えられたスツールは23個だけ。目の前で食材が美味しそうに調理されていく様子を見せられ、あれもこれもと思わず注文したくなってしまう罪作りなレイアウトはバルセロナにあるバルそのまま。

ドングリ豚の生ハムは18.80ポンド。これが飛ぶように売れる ^^

ドングリ豚の生ハムは18.80ポンド。これが飛ぶように売れる ^^

スパニッシュ・タパスの名物と言えばイベリコ豚の生ハムですが、バラフィーナのものは正真正銘のドングリだけを食べて育ったドングリ豚(Jamón de Bellota )、しかも5 Jotasとなっているので、最高級品のお墨付き☆ お皿に薄—くスライスしたものを丁寧にのせていく手作業にも思わず見惚れてしまいました ^^

バラフィーナのトルティーヤは芸術品

バラフィーナのトルティーヤは芸術品

本日のスペシャルからアサリ料理を注文したら、とても美味しかったのですがアサリは正味8つくらいw   ロンドンでアサリはまだまだ高級食材のようです。海老とピキーロ・ペッパー入りトルティーヤ、リッチで旨味のあるブラバ・ソースにディップして食べるチップスなど、定番品もはずせません。

タパスにはシェリーがよく合う♪ シェリー・リストも要チェック!

タパスにはシェリーがよく合う♪ シェリー・リストも要チェック!

目の前でジュージュー焼かれていたラム肉も思わず注文 ^^   どの料理も素材のクオリティに合わせてシンプルな調理法を選んでいることが分かり、ちょっぴり強気な値段設定にも納得。

オーナーのサム&エディ・ハート兄弟は、ロンドンのグルメ・タパスの先駆け的存在でフィッツロヴィアの「Fino」を2003年に創業した功労者でもあります。大ヒットとなったFinoですが、二人にとってはあまりにもレストランめいた大規模な造り。カウンターで勝負のバルセロナ風バルへのこだわりを捨てずに4年をかけてリサーチした結果、現在のFrith Streetのロケーションに行き着いたということです。

予約を取らないので、スムーズに座りたい場合は昼夜ともにオープン時間ちょっと前に到着しておくのがおすすめ。もしもSOHO店の待ち時間が長そうなら、ちょっと歩いて2014年にオープンしたコベント・ガーデン店に足を伸ばしてもいいかも。若干広めのU字型カウンターでSOHO店にないメニューもあるのでお楽しみに♪ そして! ウェブサイトを観てみると、もうすぐコベント・ガーデンのDrury Laneにも新店舗ができるのだとか。こういう手軽で味の安定した店が増えるのは大歓迎ですね☆

54 Frith Street, London W1D 4SL

店名Barrafina Frith Street
最寄り駅Tottenham Court Road / Leicester Square
住所54 Frith Street, London W1D 4SL
電話番号
営業時間月〜土 12:00 – 15:00 / 17:00 – 23:00 日 13:00 – 15:30 / 17:30 – 22:00
URLhttp://barrafina.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す