正統派ゴージャス、大人を酔わせるダイニング・バー

0

th_Cavendish_banner

The Cavendish カベンディッシュ

たしかここはFat of the Landという今ひとつ味が冴えなかったタパス・レストランがあった場所。やはり長続きはしなかったとみえて、同じロケーションに昨年秋に誕生したのはこんな素敵なダイニング・バー ^^ 心地よいカジュアルさと、スタイリッシュな輝きが同居する、まさに大人のためのレストランです。

コーナーに佇むハンサムなレストラン・バー☆

コーナーに佇むハンサムなレストラン・バー☆

ゆったりとした時間が流れる1階のバー・スペース

ゆったりとした時間が流れる1階のバー・スペース

クラシックなバー・スペースが広がる1階に加えて、2階には New Cavendish Streetを見下ろす広々としたダイニングがあります。トレンドを強調した前レストランの北欧風インテリアも嫌いではなかったのですが、今回のカべンディッシュのように革張りスツールにマーブル柄のテーブル、ダイニングでは白い布のテーブル・クロス使用と、あくまでもヨーロッパ風クラシックにこだわった装いも悪くありません ^^

今回はランチのお得なセット・メニューを注文したのですが、これが大当たり。ここのヘッド・シェフはスペインにあった伝説の三ツ星レストラン、エル・ブジでの経験ありという方で、アラカルトを頼むとそれなりにクリエイティブなヨーロピアン・ディッシュを食べられるのでしょうけど、このシンプルなセット・ランチだってなかなかどうして彼らしい工夫が感じられるお皿の数々でした☆

ブラータにローストしたコリアンダーの実を合わせるアイデアは普段の食事でも使えそう

パンとバターも正統派のおももちでしょ?
ブラータにローストしたコリアンダーの実を合わせるアイデアは普段の食事でも使えそう

スターターからはスモークサーモンのカルパッチョ風と、ブラータ・チーズとヘリテージ・トマトのサラダをチョイス。スモークサーモンはプレーンな状態でサーブされた後、テーブルの上でオリーブ・オイル、エシャロットをふりかけて、最後にレモン汁をきゅっと絞ってカルパッチョ風に変身させるという心遣いが素晴らしかった。

上質&フレッシュなブラータはセット・メニューだというのに丸ごとサーブ。完熟ヘリテージ・トマト、バジル・ソースとのコンビネーションは最高でしたが、この皿の立役者はなんといってもブラータの上にのっかっていた香ばしくローストされたコリアンダーの実! ブラータ・チーズは最近、ロンドンのレストランで頻繁に見かけるようになった食材ですが、こんな工夫はこれまでどこのレストランでも見たことなかった。考えついたシェフに座布団三枚!

ただのフィッシュ・ケーキとあなどるなかれ、通常のものとはひと味もふた味も違うぜいたくな中身なのだ

ただのフィッシュ・ケーキとあなどるなかれ、通常のものとはひと味もふた味も違うぜいたくな中身なのだ

メイン・コースにはシンプルなリングイネのアラビアータと、レモン・ソールと海老入りのフィッシュ・ケーキ。とってもシンプルで何気ないメニューでしょう? でもね、どちらも塩加減や味加減など、すべてが完璧でした ^^

パイナップルの下にチーズ・クリームが隠れているのだ

パイナップルの下にチーズ・ケーキが隠れている

デザートにはスライスしたパイナップルをラビオリに見立てたチーズ・ケーキを。パイナップルのトロピカルなジューシーさにチーズ・クリームがマッチする軽いデザート、なかなか美味しかったですよ。

と、ここまで書いてまたリサーチしてみたら、スペイン人ヘッド・シェフのアルフォンソ・リロ・ファスさんは、スペインの「マスターシェフ」(料理勝ち抜き番組)で決勝まで残った方だったようです。いやいや、とっても頷ける腕前でした。クオリティと正統派を売りにしているのがよく分かる当店、マリルボーン界隈の住人には相当受けがいいんだろうなって思います ^^   私も近いうちにまたアラカルトなんかを試してみたいな。

35 New Cavendish Street, London W1G 9TR

店名The Cavendish
最寄り駅Bond Street / Baker Street
住所35 New Cavendish Street, London W1G 9TR
電話番号020 7487 3030
営業時間月〜金 11:00 – 23:00 土・日 10:00 – 23:00(日のL.O. 18:00まで)
URLhttp://35newcavendish.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す