モモ・マジックにメロメロ

0

th_Momo_banner

Momo  モモ

来るたびにワクワクとした高揚感を感じさせてくれる店というのはごく限られていますが、メイフェアにあるMomoは、そんなマジカルな空気を漂わせる老舗モロッコ料理店の一つ。1997年のオープン以来、変わることのないクオリティとサービス、そしてグラマラスなインテリアで多くのロンドナーたちを魅了しています♪

入り口のパティオ席は、外からは植物に囲まれて全然見えない ^^

入り口のパティオ席は、外からは植物に囲まれて全然見えない ^^

雰囲気ハンサムさんっ

雰囲気ハンサムさんっ

久しぶりに訪れたのは週末だったので、週末限定のブランチ・メニューを試してみることにしたのですが、これが「ロンドンでこのお値段でこのクオリティでやっていけるの?」というくらいお値打ちな内容で大感激☆

th_Momo3

ブランチのセット・メニューの名前は「London to Marrakech」。グラス・ワインまたは絞りたてオレンジ・ジュース、前菜、メイン、デザート、食後のコーヒーまで付いて、全部で20ポンド。オドロキでしょう? このインテリアで、このサービスで。しかも内容も素晴らしかった。

ピタパン美味しかったなぁw

ピタパン美味しかったなぁw

4種ある前菜からローストしたレッド・ペッパー「Mechouia」、ナスとコリアンダー「Zaalouk」を選び、温かくローストされてくるピタパンに添えて食べるだけでシアワセ ^^   2つあるメイン・コースは両方頼んでシェアしたのですが、タジーン鍋に入って来る「モロッコ風ブレックファースト」も、炭火の香ばしさが感じられたモロッカン・チキンも、とても丁寧に作られていて、美味しくて大満足。ボリュームもたっぷりです。

モロッコ風ブレックファースト(左)は、ソーセージ、トマト、ベーコン、豆、ポーチドエッグなどがトマトソースに浮いているという折衷ご飯

モロッコ風ブレックファースト(左)は、ソーセージ、トマト、ベーコン、豆、
ポーチドエッグなどがトマトソースに浮いているという折衷ご飯

モロッコ風のアフタヌーン・ティーもできるよ

モロッコ風のアフタヌーン・ティーもできるよ

入店と同時に思わず写真を撮ってしまった、ダイニング中央に置かれていたケーキ類の中から、セット・メニューに入っていたケーキが来ます。一つはラズベリー・ケーキ。といっても西洋風のケーキを想像すると、ちょっと食感や味が違うモロッコ・スタイルです。写真左上「ベルベル人のパンケーキ」は、セモリナ粉で作る北アフリカ特有のもの。シロップがよくしみて、かつ素朴な美味しさを堪能できます☆

セット・メニューとして相当充実しています

セット・メニューとして相当充実しています

最後はほっとミント・ティーとコーヒーで締めつつ、本当に満足度の高いセット・メニューに感謝を。といってもモモはアラカルトで食べてもさほど高くはない良心的な店でもあります。

『ブリジット・ジョーンズの日記』のロケで使われた直後は一躍、時のレストランになって大流行りでしたけど、そんな流動エレメントなんか関係ないとばかりに、今日も老舗の貫禄を見せつけてくれます。なるべく早く戻ってきて、別のメニューを試したいと切に思ったのでした ^^

25 Heddon Street, London W1B 4BH

店名Momo
最寄り駅Oxford Circus / Piccadilly Circus

住所25 Heddon Street, London W1B 4BH
電話番号020 7434 4040
営業時間月〜金 12:00 - 14:30 / 18:30 – 23:30 土 11:00 – 15:00 / 18:30 – 23:30 日 11:00 – 15:00 / 18:30 – 23:00
URLhttp://momoresto.com/restaurant/london/momo/restaurant/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す