食の激戦区で生き残る理由

0

th_EyreBrothers_banner

Eyre Brothers  エア・ブラザーズ

移り変わりの激しいショーディッチのレストラン・シーンにあって、このタパス・レストランが約15年という長きに渡って親しまれている理由には、オーナーであるエア兄弟のレストラン事業家としての手腕があります。移り気なショーディッチ・クラウドの趣向に合わせて変化しつつも、上質を維持する基本コンセプトは不変。兄弟のマネジメント・センスが、この地にぴったり合っていたということなのかもしれません ^^

バー・エリア(写真上)は雰囲気重視の地元ワーカーに人気の飲みどころ

バー・エリア(写真上)は雰囲気重視の地元ワーカーに人気の飲みどころ

大通りと大通りを結ぶ路地に面し、ラフな倉庫街の一角に溶け込むように佇む当店ですが、店内に一歩入るとミッドセンチュリーモダンを思わせる落ちついたアーバン・シックなインテリアが迎えてくれます。入り口付近のバー・エリアと左手に広がるダイニング・エリアではメニューが若干違うので、軽くタパスとドリンクで済ませたいときはバーの止まり木がおすすめ☆

前菜メニューからシーフードのサラダ(上)、鴨胸肉のサラダ(下)。どちらも素材のコンビネーションがよい!

前菜メニューからシーフードのサラダ(上)、鴨胸肉のサラダ(下)。どちらも素材のコンビネーションがよい!

ダイニング・エリアに座るとコース料理を中心にしたメニューを渡されますが、前菜メニュー、主菜メニューの両方からいくつかお皿を選んで、タパスのように複数人数でシェアしながら食べることも可能。 ポルトガルとスペインのキュイジーヌをミックスした上質のイベリア半島料理は、野菜、シーフード、ミートがバランスよくメニューに並んでいます。

ピメントス、タコのガリシア風はふつうに美味しい☆ 左下は本日のメイン・コースから選んだ魚料理。付け合わせも含めてやはり味のバランスがよい。

ピメントス、タコのガリシア風はふつうに美味しい☆ 左下は本日のメイン・コースから選んだ魚料理。
付け合わせも含めてやはり味のバランスがよい。ポルトガルのオーガニック・ワインはお手頃価格☆

ピメントス炒め、ガリシア風タコ&ポテトなど通常のタパス・バーで食べられるメニューもダイニング・メニューに含まれているので、定番品と当店のスペシャルを上手に組み合わせて注文するのがおすすめです。

「Cataplana de Porco Alentejano」は、2人前で35ポンド。でもこの日は6人でシェアw 一人前がこのくらいのポーションになったので、2人で食べるとどのくらいの量か押して知るべし。

「Cataplana de Porco Alentejano」は、2人前で35ポンド。 でもこの日は6人でシェアw 
一人前がこのくらいのポーションになったので、2人で食べるとどのくらいの量か押して知るべし。

当店でぜひとも試していただきたいのは、ポルトガル中部のアレンテージョ地方の名物、「Cataplana de Porco Alentejano」。これは豚肉とアサリを「カタプラーナ」という銅製の鍋に入れてパプリカ・ソースで煮込んだ一品で、アサリのエキスを含んだ濃厚なソースと柔らかく煮込まれた豚肉がリッチなハーモニーを奏でる当店のスペシャリティ♪  サイコロ状のポテト・フライを添えていただくのが定番の食べ方です。

スペインやポルトガルのワイン・セレクションに合う料理の数々は、ハーブや香味野菜をうまく組み合わせた上等の出来映え。ローキーな落ちついたインテリアで接待にも十分に使える仕様ですが、デコレーション使いにショーディッチらしいファンキーさも感じられる界隈でもおすすめのレストランです。

70 Leonard Street, London EC2A 4QX

店名Eyre Brothers
最寄り駅Old Street
住所70 Leonard Street, London EC2A 4QX
電話番号020 7613 5346
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 18:30 – 22:30 土 19:00 – 22:30
URLhttp://www.naclondon.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す