SOHOでバスク地方タパス☆

0

th_EmberYard_banner

Ember Yard  エンバー・ヤード

ロンドン市内で絶大な人気を誇る実力派タパス・バーを擁しているレストラン・グループ「Salt Yard」が自信をもってお届けする最新店は、2013年末のオープン。またたくまに食通たちの注目を集めてSOHOの人気スポットに躍り出ました。

イベリコ豚スペアリブの炭火焼きはシェフのおすすめ。もちろん魚介料理も美味☆

イベリコ豚スペアリブの炭火焼きはシェフのおすすめ。もちろん魚介料理も美味☆

料理はバスク地方の風土にインスパイアされたイタリアとスペインのマリアージュ。とくに炭火焼き料理は当グループが最も力を入れているところで、当店でもスペアリブやイベリコ豚バーガーはじめ、香ばしく仕上げる肉料理はスペシャリティです☆

イベリコ豚のミニ・バーガーは当グループ全体のシグニチャー。

イベリコ豚のミニ・バーガーは当グループ全体のシグニチャー。

またロンドン郊外のケントから取り寄せている炭火用の木材は、持続可能な方法で採取しているサステナブルなもの。社会的な責任として食の倫理を考えることは昨今のレストランとしては欠かせない取り組みであり、自然派食材を扱う店であればあるほど顧客は信頼を寄せていいと思います。

採光のよい1階に比べて地下のバー・スペースはさらに親密な雰囲気♪

採光のよい1階に比べて地下のバー・スペースはさらに親密な雰囲気♪

カクテル類もオリジナルを多数取り揃えていて、中でもグラスに香り付きスモークを閉じ込めたものはデートの演出にもぴったり♪ 1階が満席でもバー・カウンターが併設された地下スペースがあるので、諦めずにのぞいてみてくださいね。

60 Berwick Street, London W1F 8SU

店名Ember yard
最寄り駅Tottenham Court Road / Oxford Circus
住所60 Berwick Street, London W1F 8SU
電話番号020 7439 8059
営業時間月〜金 12:00 – 24:00 日 12:00 – 22:30
URLhttp://emberyard.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す