気軽にポップイン! チェルシー休憩のお役立ちオプション

0

th_HenryRoot_banner

The Henry Root   ヘンリー・ルート

チェルシーを貫く2本の大通り、Kings RoadとFulham Roadつなぐ小さな通り、Park Walk沿いにあるとってもキュートで居心地のいいカフェ・タイプのダイニング・バー。5年ほど前から営業していますが、2015年秋、ついに奥のキッチンを移動する大改装に踏み切り、採光のいいガラス張りルーフの下にもテーブル席をもってきて、さらにデコレーションもよりポップでお洒落に大変身! なんとも気持ちのよい空間に生まれ変わりました♪

th_HenryRoot0

ナチュラルで明るい店内♪

ナチュラルで明るい店内♪

店名は1980年に出版された本『Henry Root Letter』から。同書は架空のガチガチ保守ライター、Henry Root氏が政治家や文化人に宛てて書いた風変わりで辛辣な書簡という体裁をとったいかにもイギリス人が好きそうなユーモア本。この本の本当の著者であるチェルシー在住だった故ウィリアム・ドナルドソンさんへのオマージュのようです。

100%オーガニックのコールド・プレス・ジュースで身体をクリーニング♪

100%オーガニックのコールド・プレス・ジュースで身体をクリーニング♪

さて、健康志向の高いハイソなチェルシー住民に合わせたメニューでまず目を引くのは、各種コールドプレスの100%オーガニック・ジュース。Radiance Cleanseというサプライヤーから信頼の品質のものを提供しています(氷が入ってくるので要らない場合は先に伝えましょう ^^ )。今風なメニューが並ぶ朝食の一品に加えるとますますヘルシーに一日を始められそう。

ローフーディストにも合いそうなChelsea Choppedサラダ

ローフーディストにも合いそうなChelsea Choppedサラダ。ナッツやハーブ使いが良い☆

フェンネルとリンゴのスローを添えたチキン・シュニッツェル(左)とカニ肉の平打ちパスタ! このパスタは、新メニューとのことで勧められたので注文。手打ちパスタとフレッシュなカニ肉、塩加減や味付けがちょうどよいソースが美味しく、超おすすめです☆

フェンネルとリンゴのスローを添えたジューシーなチキン・シュニッツェル(左)とカニ肉の平打ちパスタ!
 パスタは新メニューとして勧められたので注文。手打ちパスタとフレッシュなカニ肉だけでも美味しいのですが、
塩加減、味付けともにちょうどよいソースでとても美味しくいただきました☆

ランチにはカウンターにディスプレイされたカラフルなサラダやリーズナブルなサンドイッチといった軽食オプションから、チキン・シュニッツェルやバーガーなどしっかりご飯も可能、ディナーにはこれまた現代風に工夫された厳選ブラッスリー・メニューが並びます。もちろんカフェとしても利用可能。デザート・メニューにティーやコーヒーを組み合わせてゆったりアフタヌーン・ティーをお楽しみください♪

肌寒くなると食べたくなるスティッキー・トフィー・プディング♪ ティーセットがティータイムを盛り上げてくれそう☆

肌寒くなると食べたくなるスティッキー・トフィー・プディング♪ 
クラシックな装いのティーセットがティータイムを盛り上げてくれそう☆

ロンドン市内に3軒ある姉妹ガストロパブ(Newman Street Tavern、Lady Ottoline、Princess Victoria)は建物の伝統美とダークウッドでまとめた落ちついたインテリアという共通点がありますが、このHenry Rootはナチュラルウッド&ブルーのライト・カラーが軽やかな印象を与えるグループ・バリエーション。一人でも、カップルでも、グループでも、好きな時間に好きなものをチョイスできる便利さがたまりません☆

9 Park Walk, London SW10 0AJ

店名The Henry Root
最寄り駅South Kensington / Fulham Broadway
住所9 Park Walk, London SW10 0AJ
電話番号020 7352 7040
営業時間月〜木 8:00 – 23:00 金 8:00 – 00:00 土 9:00 – 00:00 日 9:00 – 22:00
URLhttp://thehenryroot.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す