「海と陸」の豊穣を伝統タパスに

0

th_MarITerra_banner

Mar I Terra  マル・イ・テラ

伝統的なスパニッシュ・タパスを提供し続けて早15年。以前はSOHOにも支店があったみたいですが、モダン化の波が押し寄せる中心部では生き残りが難しかったらしく、現在はこのバンクサイドにある1軒だけ。スペイン人のスタッフで固めた当店、今も頑固一徹に昔ながらの味を守っています。

レトロ感がたまらないエクステリア

レトロ感がたまらないエクステリア

最寄サザーク駅から歩いてわりとすぐの場所にあるのですが、まだテート・モダンも出来ていなかった15年前と言えば、周辺はちょっぴり荒んだ雰囲気だったに違いありません ^^;   少し奥まった場所にある隠れ家的な店で、写真のようにビルディングがなんとも言えないレトロな味を醸し出しているのがいい感じです。インテリアももちろん、本場スペインにある昔ながらのタパス・バーといった趣。

ランチタイムも同じメニューでやってます。右下は本日のスペシャルだったホウレン草とマンチェゴ・チーズのグラタン

ランチタイムも同じメニューでやってます。右下は本日のスペシャルだった
ホウレン草とマンチェゴ・チーズのグラタン

左上から時計回りにピキーロ・ペッパーのカニ肉詰め(冷製)、イワシのグリル、ハリコット・ビーンズとチョリソーの煮込み、ポテト・ブラバス

左上から時計回りにピキーロ・ペッパーのカニ肉詰め(冷製)、
イワシのグリル、ハリコット・ビーンズとチョリソーの煮込み、ポテト・ブラバス

メニューも最近流行りのモダン・タパスではなく、15年前から変わらない伝統の味を提供。ポテト・ブラバスやイワシのグリル、ハリコット・ビーンズとチョリソーの煮込みなど、あくまでも王道をいくタパスはお味も正統派。「あの味をもう一度!」という方は、ぜひ試してみてくださいね。

左上はポーク、ベーコン、チョリソーのピンチョス、ライス添え、左下はレンティルと根菜の煮込み、右下はクルミとレーズンのケーキ、アーモンド・ミルク・アイス添え、Cortado(エスプレッソにミルクを少し加えたもの)

左上はポーク、ベーコン、チョリソーのピンチョス、ライス添え、左下はレンティルと根菜の煮込み、
右下はクルミとレーズンのケーキ、アーモンド・ミルク・アイス添え、
Cortado(コルタド:エスプレッソにミルクを少し加えたもの)

レンティル豆の煮込みやポークのピンチョスも安定した味で、長く営業を続けているお店にはそれなりの理由があるのだなと再認識した次第。バンクサイドと言えば、Southwark Streetの両側を中心にどんどん新しいオフィス・ビルやホテル、レストラン、カフェが、それこそ雨後の筍のようにできているエリアですが、こんなノスタルジックなお店が残っているのも、下町サザークらしいなと思います。

14 Gambia Street, London SE1 0XH

店名Mar I Terra
最寄り駅Southwork / London Bridge
住所14 Gambia Street, London SE1 0XH
電話番号020 7928 7628
営業時間月〜金 12:00 – 23:00(15:00 – 18:00は食事なし) 土 18:00 – 23:00
URLhttp://www.mariterra.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す