マレーシア流、香りの作法

0

th_Tukdin_banner

Tukdin  トゥクディン

ロンドン市内にマレーシア料理の専門店はさほど多くないのですが、ロンドン在住マレーシア人の間でリーズナブルに食べられる自国の味ベスト・チョイスとして知られるレストランがこちら。週後半の夜は予約必須、ときに行列もできる人気店です。

th_Tukdin1

イスラム教徒が多いマレーシアだけに使っているお肉は全てハラール、アルコールもメニューにない正統派ダイニングでは、レモングラス、ガランガル(東南アジアで食べられているショウガ)、ベトナムコリアンダーをはじめとするハーブやピーナッツ、ココナッツなど伝統の食材を使ったデリケートなフレーバーを楽しむことができます♪

左はマレーシア流のシュリンプ・ペーストを使った空芯菜の炒め物、右はスズキのブラチャン。ソース

左はマレーシア流のシュリンプ・ペーストを使った空芯菜の炒め物、右はスズキのブラチャン。ソース

右がシーフードのナシゴレン、左は練り物とゆで卵、野菜のピーナッツ・ソースがけ

右がシーフードのナシゴレン、左は練り物とゆで卵、野菜のピーナッツ・ソースがけ

例えばブラチャンと呼ばれるエビ・ペーストとチリで風味付けした空芯菜や、ブラチャンをベースにした濃厚ソースでいただくスズキは辛すぎず深みのあるスパイシーだれがとても印象的。シーフードのナシゴレンは上品な盛りつけでしたがふつうに美味しかったです。気に入ったのは豆腐の練り物とゆで卵を薄切りにしたものをピーナッツ・ソースでいただく一品。このピーナッツ・ソースの味がさすが本場!という感じで、甘すぎず辛すぎず、旨味も伴ったパーフェクトなお味でした ^^

カジュアルな店ではありますが、かなり繊細な味を楽しむことができる良店。今回は試した料理が少なかったので、次回はカレー類やサンバル・ソースを使った料理、麺類などにも挑戦してみたいと思います☆ ただ席数が少ないので、混雑時は食べ終わったらすぐに次のグループにテーブルを空けるのが暗黙のマナーなのかもしれません。

41 Craven Road, London W2 3BX

店名Tukdin
最寄り駅Paddington / Lancaster Gate
住所41 Craven Road, London W2 3BX
電話番号020 7723 6955
営業時間月〜木・土・日 12:00 – 22:30 金 18:00 – 22:30
URLhttp://www.tukdin.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す