ケララ地方のさらっとカレー!

0

th_Ragam_banner

Ragam   ラガム

ベジタリアンの多い南インドはケララ地方の料理を専門とした老舗インディアン。オックスフォード・ストリート北東側が「フィッツロヴィア」などとお洒落な名前が付く以前、1985年から同エリアで営業しています。

定番マンゴー・ラッシー!

定番マンゴー・ラッシー!

野菜や豆のカレーが充実しているのはもちろん、フィッシュ・カレーもスペシャリティのひとつ。そして忘れてならないのが、小麦粉と豆粉の生地を薄〜くパリっと仕上げるインド風クレープのドーサです。伝統の味ならジャガイモのマッシュを包んだマサラ・ドーサで決まり☆

軽いインディアンもたまにはあり☆

軽いインディアンもたまにはあり☆

これまで食べた南インド料理レストランのうちでも、当店はぐんを抜いてカレーが「さらっと」しているのが特徴。好みが別れるところかもしれませんが、「ブリック・レーンのカレーを食べたらお腹がグルグルに〜」とか「インド・カレーの表面に浮かんでいる油が苦手・・・」という方は、軽くサラリといただける当店のカレーを試してみるといいかも。その他、インド風ピラフのビリヤーニ、豆カレーのダール、レモン・ライスなどなど、炭水化物系は間違いないお味です。

th_Ragam3

クルフィとマサラ・チャイ☆

70年代風のトラディショナルなインテリアがある意味安心感を与えてくれるラガム。サラリとカレーを食べたくなったときに、ぜひ☆

57 Cleveland Street, London W1T 4JN

店名Ragam
最寄り駅Goodge Street
住所57 Cleveland Street, London W1T 4JN
電話番号020 7636 9098
営業時間毎日 12:00 – 15:00 / 18:00 – 23:00(日は22:30まで)
URLhttp://www.ragamindian.co.uk/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す