イーストらしいクリエイティブのかたち

0

th_Ellory_banner

Ellory  エロリー

ハックニー的なリテール・ハブ、Broadway Marketのすぐ近くにあるビルディング「Netil House」は、無数のスタジオが集まるクリエイターたちのハブ的存在。今年11月、このビルにふさわしい前衛レストランが生まれました☆

th_Ellory1

カルトな人気を誇ったMayfieldsの元シェフであるマシューさんと、Spring、River Caféといったそうそうたるレストランでワイン・エキスパートとして働いていたジャックさんの新レストランのアイデアは、「シンプルに美味しい料理を出すこと」。確かにお値段もリーズナブルで気軽に立ち寄れるカフェのような雰囲気と、若いスタッフによるフレンドリーなサービスが独特の居心地よさを感じさせるイースト・ロンドンらしいレストランに仕上がっていると思いました。

で、お料理なんですが、これがマシューさんの個性が炸裂しています ^^ Mayfieldsのほうは行く機会がないままクローズしてしまったのですが、そこの大ファンだった友人によると前レストランと同様のアイデア、メニューが見られるとのこと。ということは、マシュー流料理が、ある程度完成されているということになりますね。

右下がチェドロ、キクイモ、チェストナッツのサラダ

右下がチェドロ、キクイモ、チェストナッツのサラダ

スターターには「Cedro」(チェドロ)という南イタリア名物の柑橘系フルーツ、キクイモ、 チェストナッツを薄くスライスしたサラダを注文。チェストナッツを含めてぜんぶ生だったと思うのですが、これまで食べたことのない、歯ごたえのある不思議な一皿でした(上にのってるのはチーズ)。さっぱりとした味のコンビネーションはなかなかでしたが、もそもそしたテクスチャーには一工夫必要だったのではないかと思われる佳作 ^^

おサカナの形をしたレモン・ソールは、マシュー・ヤングさんのスペシャリティ

おサカナの形をしたレモン・ソールは、マシュー・ヤングさんのスペシャリティ

メインにはレモン・ソール+ピクルス大根+シトラス・バター・ソース、ブリル(ヒラメの一種)+ホウレンソウをチョイス。大根をスライスして酢漬けにしたものをウロコに見立ててレモン・ソールに飾り、リコリスの甘い香りをきかせてシトラス・バターでいただく一品はマシューさんのスペシャリティらしく、Mayfileldsでも出していた料理だそうです。新鮮なお魚、根菜の甘酸っぱさ、リコリス・フレーバーという組み合わせはとてもユニークで美味しく、見た目のインパクトも大! ブリルのほうは少し甘いパセリの根のピューレと一緒にいただく一品で、シンプルでふつうに美味しかったです。

ティー類はメイフェアにあるアルチザン・ティーショップ、Postcard Teasのお茶をサーブ。こちらも味の調整のためにポットなし、ティーカップのみでサーブされますが、おかわりを頼めば2杯目まで煎れてくれます ^^

素材へのチャレンジ、フレーバーのコンビネーション、プレゼンテーション。どれをとっても100%イースト・ロンドンのクリエイティビティをビシバシと感じることができる若さあふれるレストラン。 味の冒険をしてみたい方におすすめです☆

1 Westgate Street, London E8 3RL

店名Ellory
最寄り駅London Fields / Hackney Central / Cambridge Heath
住所1 Westgate Street, London E8 3RL
電話番号020 8022 1285
営業時間月〜木・土・日 12:00 – 22:30 金 18:00 – 22:30
URLhttp://www.ellorylondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す