ブリティッシュ・カフの上質を知る

0

th_Albion Bankside_banner

Albion Bankside   アルビオン・バンクサイド

テート・モダンの裏手にあるモダン・オフィス街の一画に、2013年に加わったAlbionの2号店。言わずと知れた、テレンス・コンラン卿が手がけるスタイリッシュな英国 “カフ” の人気店です(定義としてCaffとは昔ながらの大衆カフェのことなんですけど、Albionはやっぱりお値段も食事もお洒落なCafé Restaurantの範疇ですが・・・ ^^; )

th_Albion Bankside0

テート・モダンの裏手はいろいろとすごいことになっていて、現在もオフィス・ビルの建築ラッシュ。それに合わせて働く人の数もうなぎ上り、相当な数のランチ人口を抱えるエリアになっています。昔はごく限られた数のカフェやレストランしかなかったのですが、今ではおなじみのチェーン店に加えてマーク・ヒックスやゴードン・ラムジーの店が進出するなど、ダイナミックな動きが見られ、今後もその傾向は続いていくことでしょう ^^

th_Albion Bankside1

th_Albion Bankside2

その一画にあるAlbion。第一号店と同じく、エントランスには野菜や果物が並べられ、デリ惣菜やパン、食材を扱う頼もしげなマルチ・タイプのカフェ・レストランなので一日中、どんな目的でも使えるので便利です☆

左写真のサラダはランチ・タイムに食べられます

左写真のサラダはランチ・タイムに食べられます

ベイク・グッズはお得意☆

ベイク・グッズはお得意☆

朝食メニューには各種卵料理、フル・イングリッシュ・ブレックファーストに加えて、カロリー表示のある野菜を多用した温かい料理やオーガニックのコールド・プレス・ジュースなどのヘルシー・オプションがあるのはさすが。ランチ・メニューにはデリ・コーナーから丁寧に準備された各種サラダを選ぶこともできるし、ボリューミーな各種上質サンドイッチとスープでお腹をいっぱいに満たすのもよし、ディナー・メニューと一緒のステーキやフィッシュ&チップスなどのメイン料理もあります。

フィリングもパイ生地も理想的だったバターナッツ・スクアッシュのタルト♡ たっぷり野菜ジャムを添えて

フィリングもパイ生地も理想的だったバターナッツ・スクアッシュのタルト♡ たっぷり野菜ジャムを添えて

右下はサイドに頼んだ根菜ロースト。タルトと似た味だった・・・汗

右下はサイドに頼んだ根菜ロースト。タルトと似た材料だった・・・汗

この日、ランチにいただいたバターナッツ・スクアッシュのタルト・・・なんて美味しいのでしょう♪ スパイスをきかせた甘酸っぱいジャムをたっぷり添えていただくと、これに勝る冬野菜のコンフォート・フードはないという感じ。こういうプロフェッショナル仕様の野菜タルトを手軽に食べられること自体、とても幸せだなと感じられた午後でした。パンも本当に美味しいんですよね〜 ^^

th_Albion Bankside7

金曜日と土曜日はテート・モダンのレイト・オープン・デー。鑑賞チケットを見せると18時以降のディナーが20パーセント割引の嬉しいオファーも。バンクサイドで手軽に美味しい食事をしたいときのグッド・オプションです。

NEO bankside, Pavillion B, Holland Street, London SE1 9EU

店名Albion Bankside
最寄り駅Southwark / Blackfriars
住所NEO bankside, Pavillion B, Holland Street, London SE1 9EU
電話番号020 3764 5550
営業時間月〜土 8:00 – 22:00 日 8:00 – 21:30
URLhttp://albiongrill.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す