居間のような空間でカラフル・ヨーロピアン

0

th_Edwins_banner

Edwins  エドウィンズ

南東ロンドンはBorough駅すぐ隣に、チューダー調の建物に趣を感じる賑やかなパブ「The Trinity」があります。ここは19世紀後半から20世紀にかけて、St George’s Tavernという名前のパブだったところ。オーナーのEdwin Brady氏が動物の剥製やガイコツといった奇妙なものを集めるコレクターだったことから、ミュージアムも兼ねていた名物パブだったとか。

th_Edwins1

このパブの2階にあるのが、かつてのオーナーの名を冠したダイニング・ブラッセリー、Edwins。普通のフラットを改装したというだけあり、家庭の居間のような造りがほっと落ちつける素敵な空間です♪ ペッカムにあるThe Montpelier、タワー・ブリッジのThe Roebuckといった高い人気を誇るパブの数々を経営している会社が2014年3月にオープンしました。

フラットを改装したダインング・スペースは居心地のよさ抜群☆

フラットを改装したダインング・スペースは居心地のよさ抜群☆

コルチェスター産オイスターはシャロット・ビネガーで☆

コルチェスター産オイスターはシャロット・ビネガーで☆

ここの料理を一言で表現するなら、カラフルなモダン・ヨーロピアン☆ 細く刻んだフィロ・ペイストリーで包んで外側をパリっと揚げた帆立はしっかりジューシーなまま、ピリっと辛みがきいたハリッサ・マヨがよきアクセントに。濃厚なビスク・ソースでいただくロブスター・ラビオリのほか、ウサギやハトなども当店自慢の前菜です。

フィロ・ペストリーで包んだ帆立(右)とロブスター・ラビオリ

フィロ・ペストリーで包んだ帆立(右)とロブスター・ラビオリ

柔らかな鹿肉(左)、ホロホロ鳥のブロス(右上)と、タルトタタン(右下)

柔らかな鹿肉(左)、ホロホロ鳥のブロス(右上)と、タルトタタン(右下)

メイン・コースでいただいた鹿肉は焼き具合、シャロット・ピューレとの相性も抜群。またホロホロ鳥に添えられたブロスはお出汁の具合が最高に上品で、さっぱりとした後味に癒されました♪ ちょっとした記念日やデートに最高のお店です☆

Upstairs, 202 - 206 Borough High Street, London SE1 1JX

店名Edwins
最寄り駅Borough
住所Upstairs, 202 - 206 Borough High Street, London SE1 1JX
電話番号020 7403 9913
営業時間月〜金 12:00 – 15:30 / 18:00 – 23:30 土 10:00 – 15:30 / 18:00 – 00:00 日 10:00 – 16:00
URLhttp://www.edwinsborough.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す