カジュアルなバーカロ居酒屋がチェルシーに進出

0

th_Polpo Chelsea_banner

Polpo Chelsea  ポルポ チェルシー店

ベネチアン・タパスを謳うPolpoは2009年にSOHOのBeak Streetに一号店をオープンして以来、文字通り破竹の勢いで評判を築いていったイタリアン居酒屋。有名レストラン事業家のラッセル・ノーマン氏が共同オーナーとして手腕を遺憾なく発揮し、昨年5月、その帝国がついにチェルシーの一等地にまで及びました。

SOHOのヴァイブをチェルシーに移植

SOHOのヴァイブをチェルシーに移植

他店舗とチェルシー店の大きな違いは、アルフレスコ・ショッピング・モールとでも呼びたくなるDuke of York Square内にあることから、ゆったりとした外テーブルが設えてあること。チェルシーの玄関口のような役割を果たしている広場の一画に店を構えるとは、さすがノーマン氏、ビジネスも絶好調のようです。

ロンドナーがここまでPolpoに惹き付けられる理由は、まず味と価格のバランスがよいこと。これはチェルシー店でも変わりません。そしてロンドナーたちが愛してやまない「気取らずも、スマートな雰囲気」作りがしっかりできていること、でしょうか。

軽〜く食べながら軽〜く一杯がちょうどいい感じ♪

軽〜く食べながら軽〜く一杯がちょうどいい感じ♪

Polpoの料理はシンプル&テイスティーが基本です。例えばズッキーニとパルメザンのサラダはズッキーニがオドロキの生で、パルメザンとハーブのフレーバーで飽きずに美味しくいただけます。またここのスペシャリティの一つにミートボールがありますが、何種かある中からヒヨコ豆で作ったベジタリアン・ボールを注文してみたら・・・これがまた味と歯ごたえのバランスがよく満足度の高いベジ・ボールになっているではありませんか。

一皿の平均価格は6〜7ポンドくらい。ハウスワインは大グラスで6ポンド、500mlのカラフェで12ポンド、ボトルが18ポンドと、こちらもリーズナブルです。チェルシーでの食事でこのお値段は嬉しいですよね ^^  仕事帰りやショッピングの合間にふらっと立ち寄って一杯、というのが一番似合う店、なのかもしれません。

日が長くなると、アルフレスコ席が有り難くなる!

日が長くなると、アルフレスコ席がうれしくなる! 後少し・・・ ^^

ちなみにデューク・オブ・ヨーク・スクエアでは毎週土曜日にフード・マーケットが立ち、寿司やダンプリングのストールも出るみたいなので、日も長くなってきたことですし、半日のお楽しみに出かけてみては ^^

81 Duke of York Square, London SW3 4LY

店名Polpo Chelsea
最寄り駅Sloane Square
住所81 Duke of York Square, London SW3 4LY
電話番号020 7730 8900
営業時間月〜土 10:00 – 23:00 日・祝 10:00 – 22:30
URLhttp://www.polpo.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す