オスマン帝国の弥栄

0

th_Kazan_banner

Kazan  カザン

ビクトリア駅の南サイドに伸びる商店街、Wilton Street沿いにあるオスマン料理をテーマにした地中海レストラン。インテリア・料理・サービスと、ワンランク上のトルコ料理体験をお求めならこちらへ☆ 2003年のオープン以来、ご近所に愛され続ける名店です。

th_Kazan1

ランプ・シェードから装飾まで民族的なデコレーションがクラシックな雰囲気を醸し出している1階ダイニングから階下に降りると、打って変わってターコイズ・ブルーが目に飛び込んでくるモダン・スペースが広がっています。豊富なカクテル類はノンアルコールも多種類を揃え、ザクロの実が入ったグラスのプロセッコは見た目も華やか。ちょっとした工夫が光っていました。

ソフト・ドリンクにも一工夫あり。メッゼ類はシンプルにサーブされます

ソフト・ドリンクにも一工夫あり。メッゼ類はシンプルにサーブされます

きれいに盛りつけられてくるシーフード・プラッター、これで2人前。分けるのが難しいプラッターなので、2人で来たときにチェアするとちょうどよい分量なのかも

きれいに盛りつけられてくるシーフード・プラッター(右)は、これで2人前。量は2人でシェアするとちょうどよいくらいなのかも

冷温メッゼにグリル料理までメニューにはしっかりと定番が揃っていますが、スペシャル・スターターに目をやるとウズラの炭火焼き、海老のフィロ・ペストリー揚げがあるなど、当店ならではのメニューも。またシェアするメニューにシーフード・プラッターが用意されていたり、メインに海鮮料理の項目があったりするので、トルコ料理と言えば「肉」と思い込んでいるシーフード好きでも十分に楽しめそう。シーフード・プラッターをシェアしつつ、それぞれのメイン・コースへと進むロマンチック・デートにオススメ ^^

左はグリルの盛り合わせ。ボリュームたっぷり!

左はグリルの盛り合わせ。ボリュームたっぷり!

詰め物をしたナスのゴートチーズ添えがすごく美味しかった! 食後のドリンクにはロクムが付いてきます☆

詰め物をしたナスのゴートチーズ添えがすごく美味しかった! 食後のドリンクにはロクムが付いてきます☆

ところで店名の「Kazan」について公式ウェブサイトに由来の説明はなく、トルコの都市の名前なのかなと調べてみたのですが、これもなし。中世に存在したカザン・ハン国というタタール人が多いロシアの国の首都がカザンということを見つけたのですが、「でもタタール人が多いということ以外、オスマン帝国にはあまり関係なさそう」と思い・・・ 首をひねっていると・・・これは想像なのですが、当時まだ、オスマン帝国の帝都だったイスタンブールで生まれた映画監督、エリア・カザンにちなんでいるではないかと思いつきました。彼、ちょうど2003年に亡くなっているのです。

エリア・カザンと言えば『欲望という名の電車』や『エデンの東』といった映画史に残る名作で知られる監督さん。アメリカに帰化した方ですけどオーナーがファンなのかもしれないですね ^^

93-94 Wilton Road, London SW1V 1DW

店名Kazan
最寄り駅Victoria / Hyde Park Corner

住所93-94 Wilton Road, London SW1V 1DW
電話番号020 7233 7100
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 17:30 – 22:00 土 12:00 – 17:00 / 17:30 – 22:30 日12:00 - 17:00 / 17:30 – 21:30
URLhttp://kazan-restaurant.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す