カジュアル・モダン・ペルーの真打ち

0

th_Andina_banner

Andina  アンディーナ

ロンドンでここ数年で最もポッシュ化に拍車がかかった通りと言えば、ショーディッチのRedchurch Streetをおいて他にありません。10年前くらいまでコンラン卿のブリティッシュ・カフェ、Albionくらいしかなかった同エリアにも、今やA.P.C、Sunspel、Tracy Newls、Maison Trois Garcons、US発の高級チョコレートMASTほかカッティングエッジな高級店がズラリと軒を連ね、ショーディッチの中のボンド・ストリート状態に。周辺にはイーストらしいカジュアル&クールなレストランやカフェも目白押し。そんなRedchurch Streetの起点にあるペルー料理レストランが、Andinaです。

th_Andina1

世界的なペルー料理ブームが続くなかロンドンでもLimaやCoyaなど何軒かの特筆すべきペルー料理レストランができていますが、当店は小さいながらもその実力ではどこにも負けないクリエイティビティと味の良さを兼ね備えた強者。店名のアンディーナは「アンデス山脈のように力強い」アンデス出身の女性を指し、それはオーナー氏の祖母の出身地でもあるのです。

カラフルなフルーツ&野菜ジュースは朝食メニューにもあり☆ 左下はシーバスのセビーチェ

カラフルなフルーツ&野菜ジュースは朝食メニューにもあり☆ 左下はシーバスのセビーチェ

ペルー料理と聞いてすぐに思い浮かべるのは魚介のマリネ、セビーチェですが、鮮魚にウルサい日本人にはどうも生臭く感じてしまうことも多々あるなか、Aadinaのセビーチェは若干レモンの酸っぱさが立っている感はありますが、許容範囲内でフレッシュ。セビーチェをまだ試していない方はぜひAndinaから始めてください☆

左上がナス、右はペルー原産のジャガイモの一種を使ったサイド・メニュー

左上がナス、右はペルー原産のジャガイモの一種を使ったサイド・メニュー

柔らかくしたナスにキヌアやメキシカン・フレッシュ・チーズをトッピングした一品や、ジャガイモの生まれ故郷ペルー産のイモを使ったサイド・ディッシュ、南米の調味料チャンカカを使ったソースでいただくタコのグリル、大海老のグリーン・プランテイン・マッシュ添えなど、エキゾチックな品々はまさに21世紀のペルー料理。スーパーフードと呼ばれる穀類をふんだんに使うキュイジーヌは、ヘルシー志向の都会人たちの大きな注目を集めて急成長しています。

海老とタコなど、魚介を使ったメニューも多い

海老とタコなど、魚介を使ったメニューも多い

カラフルなデザートに目が釘付け☆

カラフルなデザートに目が釘付け☆

ロンドンにあるどのペルー料理レストランに行っても言えることですが、デザートのカラフルさでは他キュイジーヌの右に出るものはないほど。チョコレートとアボカドのムース、フルーツや野菜を使ったその他デザートは甘さ控えめのやさしい味で日本人の舌にマッチ♪ ぜひデザートまで頼んでくださいね。

左は奥にある待ち時間用の止まり木。右はプライベート・ダイニング・ルーム。なかなかいい雰囲気!

左は奥にある待ち時間用の止まり木。右はプライベート・ダイニング・ルーム。なかなかいい雰囲気!

1 Redchurch Street, London E2 7DJ

店名Andina
最寄り駅Shoreditch High Street / Old Street
住所1 Redchurch Street, London E2 7DJ
電話番号020 7920 6499
営業時間月〜金 8:00 – 23:00 土・日 10:00 – 23:00
URLhttp://www.andinalondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す