スマートにセルフ! 火鍋ヌードル

0

th_Shuang Shuang_banner

Shuang Shuang  シャン・シャン(爽爽)

レスター・スクエアすぐ近く、シャフツベリー・アベニュー沿いに昨年夏に登場したセルフの中華火鍋店。コンベア・ベルトに食べものが乗って回る景色が目新しく映ったのはYo! Sushi以来かもしれませんが、タイ出身のオーナー氏のアイデアが今のロンドンにフィットしたらしいことは、それなりに常連さんが生まれているところを見ても分かります。

th_Shuang Shuang0

高い天井、広々とした間取り、パステルなカラースキーム :D

高い天井、広々とした間取り、パステルなカラースキーム :D

さて、このコンベア・ベルトで回転しているものは、もちろん寿司ではなく火鍋の具材です。カウンターに座ると目の前にはすでにセルフ鍋と薬味が用意されていて、後は3ステップでスープ、ソース、具材を選ぶだけ☆

th_Shuang Shuang2

マーケット・セットというのが9.30ポンドなのです〜

マーケット・セットというのが9.30ポンドなのです〜

お皿の色で具材のお値段が決まっているところも回転寿司のアイデアそのまま。具材は40種が用意されているとかで、伝統的な魚肉ボールから各種肉の部位(和牛もあり!)、豆腐、野菜にきのこなど、よりどりみどりで選べます。ここに麺類を組み合わせた火鍋ヌードルをクリエイトするのが当店流。うどん、卵麺、平麺(フォー)、ヴァーミチェリ、インスタント・ヌードル(?)などなど品揃えもなかなかのもの。

お野菜出汁、なかなか美味しかったです。麺の種類がどのくらいあるのか知らず、目の前にすぐにやってきた卵麺をチョイス! フォーもよかったかな、なんて・・・

お野菜出汁、なかなか美味しかったです。麺の種類がどのくらいあるのか知らず、目の前にすぐにやってきた卵麺をチョイス! でもフォーもよかったかな、なんて・・・

スープはMSGなしの自然由来。四川出汁、ラム出汁、野菜出汁、鶏出汁、トムヤム出汁の5種から選べ、ディッピング・ソースは芝麻醤入りハウス・ソースのほか、いろいろな調味料を選んで好みのソースを作ることもできます☆

なんてヘルシーな火鍋ww 

なんてヘルシ〜な火鍋でしょう ww

目新しさに引かれてふらりとランチに入ったこの日、スープ+麺+3つの具材(たぶん緑の皿のみ)を選べる9.30ポンドのセットにしてみました ^^ ヴィーガンの人でも注文できる野菜スープはあっさりしつつもコクがあってなかなかイケます。豆腐や野菜、麺を投入し、熱々お鍋を芝麻醤ベースのハウス・ソースにディップして食べるといい感じ♪ ロンドンなら夏でもいけるかもしれませんね〜 ^^

濃厚なディッピング・ソースがいい仕事してます

濃厚なディッピング・ソースがいい仕事してました

お隣に座った常連らしい若いアジア人男性は、メニューを見ずにトムヤム・スープにソースなしという手法でオーダー、好きな具材をどんどん選んで平打ちフォーと一緒にスープごとハフハフと食されていました。トムヤムはソースなしでも美味しそうでしたよ。

一人でふらっと立ち寄ってもいいですし、お友達と違う味をシェアするのもいいかもしれません。いちばん高いお皿が4.30ポンドするので、調子にのっていくつもお皿を取っていたら・・・まぁ、それなりのお値段になってしまうことはご覚悟を ^^ 昼から夜まで通してオープンしているので、飲んだ後のラーメンならぬ火鍋というのもアリなのかも。

Shaftesbury Avenue, London W1D 6LD

店名Shuang Shuang
最寄り駅Leicester Square / Tottenham Court Road
住所Shaftesbury Avenue, London W1D 6LD
電話番号020 7734 5416
営業時間毎日 12:00 – 23:00
URLhttp://www.shuangshuang.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す