Great British Menuはネイティブでいこう

0

Native   ネイティブ

イギリスではコロナウイルス対策として、人が集うことになる環境を最小にするため飲食店をはじめ多くのショップを強制的に仮休業としています。それでも持ち帰りやデリバリーは可能なので、レストランでも持ち帰りオンリーで営業しているところもあります。また将来使うことができるバウチャーを販売し、サポートを促しているお店もあるようですね。

本日ご紹介する英国料理レストラン「Native」も、ギフト・バウチャーを取り入れているお店の一つ(購入はこちら)。しかも当店は、英国時間の本日20:00からBBC2で放送予定のシェフ勝ち抜き番組「Great British Menu」に共同オーナー・シェフの Ivan Tisdall-Downesさんが出演予定! こんな時期だからこそ、ぜひ応援したいと感じて1ヵ月ほど前に訪れたときの様子をレビューしたいと思った次第です ^^

サザークへと抜ける大通り沿い。高架下にあります♪

Nativeは、2016年2月にコベント・ガーデンのNeal’s Yardにオープンした小さなモダン・ブリティッシュ・レストランです。それが昨年になって現在のロンドン・ブリッジにリロケーション。店名の通り、料理に対する基本姿勢「ナチュラル」を貫き、「ブリティッシュ・ネイティブ」のワイルドな力をクリエイティブに反映させ、可能な限り廃棄ゼロの身上を守っているのです ^^

以前の店舗に比べると4倍くらいの広さ!

ヘッドシェフのアイヴァンさんはデヴォンの有名レストラン&スクール、River Cottageで「イギリスの旬」を学んだ経験を生かし、野菜や魚をたくさん使います。利用できる食材に寄っているためメニューはもちろん日替わりですが、この日はなんと、肉料理のスターター&メインなしという斬新なメニュー構成でした。スナックには鹿肉やチキン・レバーを使った料理もあったのですが、実質的に野菜と魚だけ。もちろん仕入れによってはお肉を使う日もあるのでしょう。

こちらはキクイモのマッシュをチーズと一緒にタルトに仕上げた一品。ものすごく美味しかったです。

左はリークのサラダ! ぶつ切りにして炭火焼きに。グリビッシュ・ソースでいただきます。右は鹿肉と骨髄の一口パイ♪

こちらはポテトを使ったリゾット! 食べ応えがあり、とても美味しかったです♡

左はワイルド・ハリバットとセロリアックのピューレ。新鮮です。右は根菜ロースト。

魚はコーンウォール産のポロック。スパイシーな仕上がり♪ 左上は副菜にあるキャベツの味噌ソース。

デザートは4名で2種をシェア。こちらはアーティチョークのアイスクリーム! ウロコのような形のものも、甘く仕上げたアーティチョークだと思います。コーヒー粕を利用したトフィーをアクセントに。

こちらのデザートはチョコレートとビーツの再構築ケーキ。上に乗ってる緑色のものはソレルのグラニタです。このコーヒーカップ&ソーサーはコーヒー粕を再利用したもので、とっても軽い♪

お料理は全体的に、たいそう繊細で味が良かったです。量は少なめですが、シェフのクリエイティビティがいかんなく発揮されたユニークな品ばかり。他ではいただけないメニューもあると感じるので、モダン・ブリティッシュとは?という疑問を常に抱えていらっしゃる皆さんに、とくにおすすめ。イギリスの食材をイギリス人シェフが丁寧に調理していく“ネイティブ”な潔さ、廃棄をなるべく減らそうというエシカルな姿勢が当店の特長ですね。

今晩放送のGreat British Menuは、児童文学がテーマなんですよね ^^  さて、アイヴァンさんは一体どんなアイデアで私たちを楽しませてくださるのでしょう。楽しみでなりません!

32 Southwark Street, London SE1 1TU

店名Native
最寄り駅London Bridge
住所32 Southwark Street, London SE1 1TU
電話番号07507 861 570
営業時間火〜土 12:30 – 14:30 / 18:00 – 22:00
URLhttp://www.eatnative.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

ウェブサイト

Leave A Reply