居心地抜群のキーウィー流ジン・ハウス

0

th_Salt and Honey_banner

Salt & Honey   ソルト・アンド・ハニー

ニュージーランド・シェフ、タイラー・マーティンさんが手がけるフルハムにあるManuka Kitchenの後発姉妹店。コレといった店があまりないパディントン周辺で大活躍してくれる雰囲気のいい大人のレストランです ^^

ザクロのキール・ロワイヤルで乾杯♪

ザクロのキール・ロワイヤルで乾杯♪

長細い店内はしっとり落ちついた装いで、平日は夜でも混み合うということはなさそう。ヒースロー空港から到着したあの人、出発するあの方を連れてきて、ゆっくりと積もる話をしてみたい、そんな小さなビストロ風情なのです。自慢のジン・カクテルの長いリストから、フルーツ入りのジン&トニックを選んで大きな丸いグラスでいただくと、気持ちもすっかりほだされ舌がなめらかになること間違いなし ^^

なぜかロマンチックだと感じるジン&トニック。種類が多いのでメニューのディスクリプションを見てチェイスしてみてください

ここのジン&トニックは、なぜかロマンチックに感じる。種類が多いのでメニューのテイスティング・ノートを見てチョイスしてみてください

Manuka Kitchenと共通する店のシグニチャーは、マヌカ・ハニー入りのマリネ液でしめたサーモン、そしてマヌカ・ハニーで照りを出すオーガニック・サーモンのソテー。どちらもさわやかテイストのキュウリをうまくパートナーにして味を引き立てています。その他の料理もシンプルにソツなく美味しく安心感があります。

左はホワイト・ビーンズ入りのムール貝、右がマヌカ・キュア・サーモン

左はホワイト・ビーンズ入りのムール貝、右がマヌカ・キュア・サーモン

和牛を使ったボロネーゼは甘辛、濃厚な味わい☆ 左上はレモンならぬ、オレンジ・ポセット

和牛を使ったボロネーゼは甘辛、濃厚な味わい☆ 左上はレモンならぬ、オレンジ・ポセット

店の奥には小部屋があったので、ちょっとした少人数パーティーにもいいかもしれません。ちょっと不思議なロケーションですが、パディントン駅界隈で美味しい店をお探しなら、ぜひここもオプションにどうぞ。向かいにクラシックでグルメなパブがあるみたいなので ^^ 機会があればレビューしてみたいと思います。

28 Sussex Place, London W2 2TH

店名Salt & Honey
最寄り駅Paddington / Lancaster Gate
住所28 Sussex Place, London W2 2TH
電話番号020 7706 7900
営業時間火〜金 12:00 – 15:00 / 17:30 – 22:00 土 10:00 – 15:00 / 17:30 – 22:00 日 10:00 – 15:00 / 17:30 – 21:00
URLhttp://www.saltandhoneybistro.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す