Yah Yah Yah! ハイカラな欧州ビストロがやってきた

0

th_Salut_banner

Salut!   サリュー!

ヨーロッパの名だたるレストランで経験を積んだドイツ人兄弟がキャノンベリーに昨年末に開いた上質なネイバーフッド・レストラン。「やぁ!」という気取らないフランス語を店名に、カジュアル路線で提供しているのは北欧、フランス、ドイツといった大陸の影響を受けたモダン・ヨーロピアン。盛りつけも美しく、満足度の高さは保証付きです ^^

th_Salut1

採光のよい明るい店内。いかにも手作りな感じが高感度高し ^^

採光のよい明るい店内。いかにも手作りな感じが高感度高し ^^

この日は軽くランチをということで、スープ、サンドイッチ、キノコのパイをいただきましたが、マリネしたエリンギやマイクロ・ハーブがトッピングされた濃厚なマッシュルームのスープがいちばんシェフの力量を示しているように思えました。キノコのパイは、マッシュルーム・ソテーの量が半端なく一口目は美味しかったのですが、ちょっと塩気が強かったので途中から飽きてきて残念賞。

スープはさすがのお味。ベーコン・サンドイッチも美味しそうでしたよ

スープはさすがのお味。ベーコン・サンドイッチも美味しそうでしたよ

塩加減については個人の好みとは思いつつ、やっぱりもう少し控えめのほうが断然美味しい。

キノコのパイ:塩加減については個人の好みとは思いつつ、やっぱりもう少し塩控えめのほうが断然美味しい。

人気のデザートから、ポーチド・ペアとマリネしたベリー類、ホワイト・チョコレートのムース、ヘーゼルナッツ・クランブル添えをシェア。かなり素朴かつストレートなお味で、アイデアはいいし見た目もキレイなんですが、なんとなくボンヤリとしたお味でさほど印象には残りませんでした ^^; 正直なところ、もう少し違うメニューを頼んでみないと実力がよく分からない感じもしましたが、しっかりと地に足着けてがんばっているコンテンポラリーなヨーロピアン・ビストロ、といった感じだと思います。

そうそう、最近はどことなく和の趣を感じさせる食器を使っているレストランが多いですが、ここは極めつけで、日本人アーティストが作陶するという有機的な三角形のお皿がお料理を盛り立てていて素晴らしかったのです♪ レストランが面しているのは大通りのEssex Road。トニー・ブレア元首相も住んでいた高級住宅地キャノンベリーと、公営住宅が多数あるディープな庶民エリアとの中間に位置しているため、とても不思議なミックス感覚のあるロケーションです(笑)。

412 Essex Road, London N1 3PJ

店名Salut!
最寄り駅Canonbury / Essex Road / Highbury & Islington / Dalston Kingsland
住所412 Essex Road, London N1 3PJ
電話番号020 3441 8808
営業時間月・火 18:00 – 22:00 水〜日 12:00 – 23:00
URLhttp://salut-london.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す