シルク・ロードのスパイスが香るリトル・キッチン

0

th_Foleys_banner

Foley’s   フォーレイズ

チャイナタウンの一画にあるモダン・エルサレム料理の店、Palomarはその味とアンビエンスでオープンと同時に大人気となり、私もずいぶんと通ったもの。そのパロマーで副シェフを務めていたMitz Voraさんが新しいレストランに挑戦したと聞いて、さっそく行ってきました ^^ フィッツロヴィアにあるFoley Streetに数週間前にオープンした、Foley’s。店構えもどことなく、Palomarを思わせるモダン仕様です。

明るいブルーのひさし目印☆

明るいブルーのひさし目印☆

当店のテーマは、スパイス。かつて大陸の商人たちはアジアと地中海諸国を旅し、絹や香辛料の取り引きを盛んに行っていました。後にシルク・ロードと呼ばれることになる交易路を行き来した数々の香辛料を、現代らしいアクセントになるよう用い、エキゾチックな創作料理へと昇華させているのが当店の料理。アジアの香りと中東のテイストが混じり合っているのは、そういうワケなのです。

フェネルやケール、ジェム・レタスやオレンジ、フェタ・チーズなど盛りだくさんの「Super Greens」

フェネルやケール、ジェム・レタスやオレンジ、フェタ・チーズなど盛りだくさんの「Super Greens」

1皿しか頼まなかったタコのグリルがなぜか2皿きて、1皿を2人分に分けてくれたのだと喜んで食べていたら、その量がちょっと多かったので、もしやと思って聞いたら、やはりフルで2皿来ているとのこと。でも、1皿分のお値段でいいと言われてラッキー☆

1皿しか頼まなかったタコのグリルがなぜか2皿きて、1皿を2人分に分けてくれたのだと喜んで食べていたら、その量がちょっと多かったので、もしやと思って聞いたら、やはりフルで2皿来ているとのこと。でも、1皿分のお値段でいいと言われてラッキー☆ 濃厚だったけど、美味しかったですよ。ワイン必須 ^^;

焼きナス。いろんなものがのっかってます ^^

中東らしい焼きナス。いろんなものがのっかってます ^^

ラム肉、コーン・ブレッド添え。じつはバラ肉のコンフィものっかるはずだったのだが、ちょっと切らしているということで載ってませんw でも普通に美味しかったです。 

ラム肉、コーン・ブレッド、スパイス・フモス添え。じつはバラ肉のコンフィものっかるはずだったのだが、ちょっと切らしているということで載ってませんw でも普通に美味しかったです。

オープンしたてで、まだサービス面では完成されていない印象を受けましたが、スタッフは皆とてもフレンドリーで前向きな雰囲気が◎ 料理はPalomarと同様、若干濃いめの味付けですが、ワインと一緒にいただくことを考えれば許容範囲です。おすすめは全体的にアジアン・テイストに仕上げられた柔らかタコのグリル。その他の料理も斬新なアイデアが満載できっと新たなインスピレーションをもたらしてくれること間違いなしです。もう少し通って別のお皿も試してみたいかも ^^

23 Foley Street, London W1W 6DU

店名Foley’s
最寄り駅Goodge Street / Oxford Circus
住所23 Foley Street, London W1W 6DU
電話番号020 3137 1302
営業時間月〜土 12:00 – 23:00 日 12:00 – 22:30
URLhttp://foleysrestaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す