頑固一徹イタリアン・シェフの登板!

0

th_Lambo_banner

Lambo Bar & Restaurant   ランボー・バー・アンド・レストラン

北ロンドンのCricklewoodと言えば閑静な住宅街と庶民の活気あるハイストリートの両方が混在する不思議なエリア。この界隈のバス通りに面したおじさま仕様のカジュアルなパブ・レストラン、Lamboに、新たな顔が加わりました。

何年か閉店していた当パブが再び息を吹き返したのはつい最近のこと。レバノン料理とシーシャを提供するオジさま仕様のこてこてスポーツ・パブではあるのですが ^^  つい一週間ほど前から、イタリア人シェフのエンゾ・ブラッコさんが新ヘッド・シェフとしてフレッシュ登板! なんだか新しい客層を生み出しそうな予感です ^^

コテコテのおやじパブだす。インテリアに期待禁物。ただしロンドン郊外にある昔ながらの庶民のスポーツ・パブが懐かしいという方は、ここはかなり造りを含めてオーセンティックでありますww

コテコテのおやじパブだす。インテリアに期待禁物。ただしロンドン郊外にある昔ながらの庶民のスポーツ・パブが懐かしいという方は、ここはかなり造りを含めてオーセンティックでありますww

元々ミュージシャンだったエンゾさんですが食への情熱が高じてシェフに転身したのはロンドンに来てから。本場イタリアの上質食材を輸出入する仕事を模索しつつ、北ロンドンのカフェでイタリアン・シェフとしてのキャリアをスタートするや、オープン数カ月後にはトリップアドバイザーのロンドンのイタリア・レストラン部門でトップ10を賑わす話題のシェフに。その後、 中心部にある本格レストランやパブで新たな修業を積み、ついに自身の料理で勝負するシェフに返り咲きました。

この日の連れは、このムール貝をおかわりしてました ^^

この日の連れは、このムール貝をおかわりしてました ^^

マンマの味、ナスのパルミジャーノ! リッチ・テイストです

マンマの味、ナスのパルミジャーノ! リッチ・テイストです

前回のカフェに引き続き、今回はさらにシンプルにスターター各種とピザで勝負! お母さんの味だというナスのパルミジャーナや、新鮮ムール貝、イタリア直送の生ハム盛り合わせなど厳選されたスターターはもちろん、ここで食べなきゃ一生の大損とも言われるのがw 有機小麦でベースを作るピエモンテ風のアルチザン・ピザ♪

必殺エンゾ・ピザ!! こちらはマッシュルームとパルマハム。うま〜♪

必殺エンゾ・ピザ!! こちらはマッシュルームとパルマハム。うま〜♪ そして「ピザには白ワイン!」と持ってきてくれたのがこのハウス・ホワイト。まっことピザに合うとはこの白なり! 

シンプルでオーソドックスなピザは全部で7種類あり、フレッシュ素材以外はイタリアから取り寄せたこだわりの食材ばかり也。ピザの味って生地の厚さやトッピング量や乗り方、焼き具合までそれぞれ好みがあると思うのですが、エンゾのピザは間違いなく私好み☆ 本場の美味しいピッツァリアと同等以上の味であることは間違いなく、しかーもお値段設定がすごいんです。スターターは4ポンド〜7.50ポンド(生ハムの盛り合わせがこのお値段)、ピザは5ポンドから6.90ポンドという破格の価格設定。ですから例えばスターター+メインと食べても10ポンドから14.50ポンドというフトコロに優しいディナーになるのです。

パンナコッタ好きはぜひ〜 ^^  そしてこの正統派のイタリアン・タルト、美味しいんですよ。シェフに乾杯!

パンナコッタ好きはぜひ〜 ^^ そしてこの正統派のイタリアン・タルト、美味しいんですよ。シェフに乾杯!

そしてエンゾ・スペシャルとも言うべきは、デザート♪ ティラミス、パンナコッタ、そしてフルーツ・タルトはここの3大デザートなので、スイーツ・ティースな皆々様はお見逃しなく〜。あ、パンもエンゾの手作りです。ほぼ全て、彼の手作りです。はい。

さて、レバノン料理サイドなんですが、これもなかなかイケました ^^   こちらはエジプト人のカレッドさんの担当☆

レバノン料理のメッゼ類。なかなかいけます!

レバノン料理のメッゼ類。なかなかいけます!

メッゼ類はフモス、タブーレ、ナス煮込み辺り、美味しいです。残念ながらファラフェルは今ひとつ。しかし私的な大ヒットは、レンズ豆入りご飯。塩気は強いんですが、味のバランスがよい。そしてケバブも美味しかったですよ!

よく考えたらピザとケバブを一緒に食べられる店なんて、ロンドン中を探してもなかなかないかも!!??

よく考えたらピザとケバブを一緒に食べられる店なんて、ロンドン中を探してもなかなかないかも!!??

何はともあれ、エンゾのもってけバーゲンな極うまピザを食べたい方はLamboへGO!

75 Cricklewood Lane, London NW2 1HR

店名Lambo Bar & Restaurant
最寄り駅Cricklewood / Golders Green
住所75 Cricklewood Lane, London NW2 1HR
電話番号020 8208 3322
営業時間月〜木 14:00 – 23:30 金・土 14:00 – 1:00 日 14:00 – 00:00
URLhttps://www.facebook.com/Lambo-Bar-And-Restaurant-614398235329353/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す