バスクの三ツ星シェフ、ロンドンにきたる

0

th_eneko_banner

Eneko at One Aldwych   エネコ・アット・ワン・アルドウィッチ

スペインはバスク地方の三つ星レストラン、Azurmendi / アズルメンディのオーナーシェフ、Eneko Atxa / エネコ・アクサさんがロンドンへ! 劇場や高級ホテル、老舗レストランが連なる大通りStrand沿いにあるゴージャスなブティック・ホテル、One Aldwychに自身の名を冠したレストランを今年夏にオープンしました。

th_eneko_0

エネコさんと言えば、世界レストラン・ランキング 16位を保持するスターシェフ。ビルバオ近郊のレストランでは厨房で使う野菜のほとんどを広い敷地内にある美しいガーデンでまかなうという徹底ぶりで、サステナビリティとエコに力を入れていることでも知られています。ロンドンの店では正統派バスク料理とうたっていますが、オリジナルのアズルメンディと同様、こだわりの食材とテクニック、三つ星レストラン系列らしいテーブル演出でコンテンポラリーかつ刺激的なダイニング体験をすることができます ^^

th_eneko_2

歴史ある古いビルの入り口を入って階下に降りて行くと、バスク地方から取り寄せた素材も多用しているという落ちついた空間が広がります。スペイン産の上質ワインリストを横目に、この日はノンアルコールのサングリアを。シナモンの甘い香りが鼻をくすぐるそれはバーテンダーさんがテーブルまでシェイカーもってきて自らグラスに注いでくれる演出で美味しさも倍増。それだけでなくパンにつけるハーブ入りバターもテーブルで混ぜ混ぜしてくれる心憎いサービスなのです。

th_eneko_4

ハーブの香りを楽しむバターはホイップ、ホイップ。

th_eneko_5

ノンアルコールでもゴージャスな気分を味わえるシナモン風味のサングリア

プレシアターのお得なセット・メニュー(2コース+サイドメニューで25ポンド/3コースが28ポンド)もあるのですが、この日はアラカルトから選択し、名物らしき品をいくつか頼んでみました。一つはスターターから「ビスケー湾の思い出」と名付けられたカニ、牡蠣、ランプキャビアらしき品の3点盛り合わせ☆   急須に入れた昆布スープを、ドライアイスを敷いた器の上から注ぐと磯の香りが白い煙となってテーブル全体に広がり、気分ははるかベリア半島のビスケー湾へ・・・粋な演出はさすがですね ^^

th_eneko_6

お出汁は、白い煙を出すためだけにドライアイスの上に注がれる。もったいない!?

海の底に浮かんでいるようなシーフード・トリオ ^^

竜宮に浮かんでいるようなシーフード・トリオ ^^

「Vegetarian」のセクションからは、ワイルド・アスパラガスを主役にした食べ応えある一品を。こちらのメニューに合いますよと、バター風味たっぷりのマッシュポテトを添えてくださいました。メニューには載っているのですが、たぶんサービスだったと思います。

これ、ワイルド・アスパラガスの一品だったと思うのですが・・・行ったのが少し前で・・忘れちゃいました(汗 すごく美味しかったですよ♪

これ、ワイルド・アスパラガスの一品だったと思うのですが・・・行ったのが少し前で・・忘れちゃいました(汗 すごく美味しかったですよ♪

こちらは名物イベリコ豚を異なる方法で調理したフィリングでいただく「Txerri Boda Pork Festival」。ポーカー・フェイスならぬポーク・フェイスの蓋が楽しい一品。ただしお味のほうは普通でしたが ^^;

イベリコ豚のスライダー・トリオ。見た目楽しい一品ですが、お味のほうは「ふつーにおいしい」って感じで ^^

イベリコ豚のスライダー・トリオ。見た目楽しい一品ですが、お味のほうは「ふつーにおいしい」って感じで ^^

ポーク・フェイスの蓋が可愛い♪

ポーク・フェイスの蓋が可愛い♪ デザートは信頼できそう☆

締めはエスプレッソのチーズケーキで。こちらは濃厚なお味で美味しくいただきました♪

本当にお試しのメニューしかいただかなかったので、お味の本領はまだ不明ですが、エンターテインメント性、サービス、居心地よさは抜群。ちょっとした記念日でも十分に楽しめること間違いなし。次回はメイン・メニューからもいくつか頼んでみたいと思います☆

1 Aldwych, London WC2B 4BZ

店名Eneko at One Aldwych
最寄り駅Charing Cross / Covent Garden / Temple
住所1 Aldwych, London WC2B 4BZ
電話番号020 7300 0300
営業時間月〜土 12:00 – 14:30 / 17:00 – 23:00 日 12:00 – 15:30 / 18:00 – 22:00
URLhttp://www.eneko.london
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す