おめでたアンダルシア・バルでほろ酔い気分

0

th_miss-tapas_banner

Miss Tapas   ミス・タパス

南のお洒落エリア、ペッカムに昨年春に登場したタパス・バーは上質スペイン食材の輸入を手がける女性オーナーが手塩をかけて育てた小さなガストロミック・プレイス。手作り感いっぱいのインテリアに心もほだされてテーブルに着くと、黒板に書かれたメニューが目に飛び込んできます。

th_miss-tapas_0

th_miss-tapas_1

ここはトルティーヤやホテト・ブラバス、パドロン・ペッパー、そして生ハムやチーズなどのスパニッシュ・タパスの伝統メニューが基本。そのどれもが、いちいち美味しくて嬉しくなってしまうのですが、そこへビートルートと山羊チーズのサラダなどの季節メニューや、シーフードとチョリソーの一品などが加わってバラエティを添えています。

スパニッシュ・トルティーヤは上手に焼けた伝統の味☆

スパニッシュ・トルティーヤは上手に焼けた伝統の味☆

左上から時計回りに山羊チーズとビートルート、ストロベリーのサラダ、イベリコ・プレッサ、シーフードとチョリソー、グリンピース。イベリコ豚の肩肉は柔らかくジューシーに仕上げられ、シーフードとチョリソーの相性も抜群♪

左上から時計回りに山羊チーズとビートルート、ストロベリーのサラダ、イベリコ・プレッサ、シーフードとチョリソー、グリンピース。イベリコ豚の肩肉は柔らかくジューシーに仕上げられ、シーフードとチョリソーの相性も抜群♪

ネットでいろいろ調べていると、先日レビューしたMr Baoのご主人と、こちらの女主人が恋に落ちて今年になってハッピー・ウェディングに至ったらしいことが分かりました。両店は二人が付き合いはじめてからそれぞれオープンしたのですが、共同経営というわけではなく、どちらも別オーナーとして経営しているみたいです。Mr&Mrs Yeungの今後のベンチャーにも期待したいですね ^^

甘さ控えめアーモンド・ケーキ。ガラスのジャーに入ってて食べづらかった・・・

甘さ控えめアーモンド・ケーキ。ガラスのジャーに入ってて食べづらかった・・・

デザートにはスペインのケーキの中では人気のアーモンド・ケーキを。お味は美味しかったのですが、ガラスのジャーに入っている意味がさほどなく・・・ ^^; ともあれ、どの皿も味よく上手に仕上げられ、ハズレがなかったのは素晴らしかったです。ペッカムでタパス気分になったら、ぜひ♪ ちなみに超人気店らしく、そして席数も少ない+予約を取らないので、確実に行きたい方はオープン時間に合わせてご来店あれ。

46 Choumert Road, London SE15 4SE

店名Miss Tapas
最寄り駅Peckham Rye
住所46 Choumert Road, London SE15 4SE
電話番号020 3689 5050
営業時間火〜日 12:00 – 15:00 / 18:00 – 23:00
URLhttp://www.misstapas.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す