アーティストでなくてもお気軽に♪

0

th_cambridge-street-kitchen_banner

Cambridge Street Kitchen   ケンブリッジ・ストリート・キッチン

閑静なピムリコの住宅街に、こつ然と現れるブティック・ホテル「Artist Residence London」。その1階にあるレストランがこちらです。と言ってもホテルのレストランにありがちな大味な雰囲気はまったくなく、気配りの行き届いた独立系の香りが心地よく漂うハンサムさん。遠くから歩きながら近づいていくと、この建物の周辺だけ温かい灯がともっているようなコージーな印象を受ける魅力的な建物です。

th_cambridge-street-kitchen_1

th_cambridge-street-kitchen_2

児島みゆきさんのレポートによると、ブライトンでB&Bを経営していたこのホテルのオーナーのお母さんが、改装の資金繰りのためにアーティストを無料で泊めてデコレーションしてもらったことがきっかけとなって再生したホテルのコンセプトを、ロンドンに移行してできたのだとか。ブランディング力が素晴らしいですね ^^   たしかに細部へのこだわりが見られ、センスのよさは群を抜いています。最寄のビクトリア駅からは7ほど歩くので交通の便を考えると一瞬ひるみますが(7分って、けっこう歩けます)、それでもビクトリア駅は便利ですし、好立地と言えるロケーション。観光でロンドンにゆっくり泊まる機会のある方には、おすすめかも ^^

th_cambridge-street-kitchen_3

さて、レストランですが・・・

左はたしかサーモンかなにかのオープンサンドだったかな・・・忘れてしまった、すみません。。

左はたしかサーモンかなにかのオープンサンドだったかな・・・それにホースラディッシュ・ソース? 忘れてしまった、すみません。。

右はサバ、ビートルート・クリーム。美味しいのですが、サバの焼き方とかが日本人には?な感じなの ^^;  それとチップスが「トリプルクック」になってたので注文したのだけど、ふつーのチップスだったw

右はサバ、ビートルート・クリーム。美味しいのですが、サバの焼き方とかが日本人には?な感じなの ^^; それとチップスが「トリプルクック」になってたので注文したのだけど、ふつーのチップスだったw

この日はサクっとしたミーティングが目的だったので、あまり料理を注文しなかったのですが・・・料理のクオリティは、まぁ、合格点という感じです ^^  最近のトレンドをよく勉強して取り入れているといった印象。サービスはちょっと遅めです。この辺りにはお洒落な店が少ないので朝から夜まで開いていることを考えると、ブランチやランチ、ティータイムにと、さまざまな機会で使える便利さがごちそうなのかも。もちろん雰囲気も♪

ここに泊まっている旅行者だけでなく、周囲に住む人々、働いている人々にも大人気みたいで、お客さんの入りは上々でした。この辺りでどこか落ち着けるところないかなぁと思ったら、ぜひ思い出してみてください。

あ、地下にあるバーにも潜入したのですが・・・その模様はまたの機会に ^^

52 Cambridge Street, London SW1V 4QQ

店名Cambridge Street Kitchen
最寄り駅Victoria / Pimlico
住所52 Cambridge Street, London SW1V 4QQ
電話番号020 3262 0501
営業時間月〜金 7:30 – 16:00 / 18:00 – 00:00 土・日 8:00 – 17:00 / 18:00 – 00:00
URLhttp://www.cambridgestreet.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す