世界ランキング26位のチームがカジュアルな2号店をオープン

0

th_Luca_banner

Luca   ルカ

ショーディッチ・タウン・ホール内に2013年に登場して以来、五感を刺激する超モダン・ブリティッシュを提供して大きく話題となったThe Clove Clubのチームがクラーケンウェルにオープンした第2号店がこちら。

The Clove Clubは2016年の「The World’s 50 Best Restaurants」で見事26位を獲得している実力派(ちなみに25位以上でUKからリスティングされているのは14位のLedburyのみ)ですが、Lucaはその洗練に加えて、イタリアの味を取り入れたよりカジュアルな成熟のバー・ダイニングとなっていました。

th_Luca_1

th_Luca_2

バーとダイニングではメニューが違うのですが、この日はさっと立ち寄って軽く一杯が目的だったので、バーに着席。これがとっても居心地よくバーテン氏もフレンドリーで、美味しいものをつまみながらゆっくり会話を楽しむのに打ってつけの止まり木。またしても素敵バー発見で嬉しくなりました ^^

右はイタリアの

右はイタリアの清涼飲料水キノット。柑橘フルーツのキノットをベースにした発泡飲料なり

私の場合、レストランをレビューする際は食事だけでなく雰囲気やインテリアに大きな評価ポイントを置いてしまう傾向にあるのですが、ここはそういう意味では満点に近い。クラシックな列車車両をイメージしてデザインされたというバー・エリアは、どこか和洋折衷という言葉を思い起こさせるしっとり落ち着ける空間で、奥に広がるダイニング・スペースとりも断然居心地がいい。もしもきっちり食事される場合でもバー・スペースのテーブル席のほうが個人的にはおすすめです(と言ってもダイニングのほうに座るとまた違った見方になるんでしょうけど ^^; )

バー・メニューは生ハム類だけでなく、小皿料理がけっこう充実しています。キジ肉のミラネーゼとか、生魚料理、サラダ、各種グルメ・サンドイッチなどなど。この日のおつまみに選んだのは、ひよこ豆の粉で作った味わい深いパンケーキでケールを巻いてチリ入りハーブ・ソースでいただくリッチなスナック、ブロッコリー各種をペコリーノ・ソースでいただく面白プレゼンテーションの一皿・・・

ひよこ豆のパンケーキ・ロール(左)とブロッコリーのペコリーノ・ソース

ひよこ豆のパンケーキ・ロール(左)とブロッコリーのペコリーノ・ソース

そして、せっかくなのでパスタの中からパンプキンのラビオリをチョイス♪ 濃厚なカボチャのフィリングは文句ないお味で、他の2皿も含めすべて美味しくいただきました。

一口ひとくちを噛み締めて食べたパンプキン・ラビオリ

一口ひとくちを噛み締めて食べたパンプキン・ラビオリ。左下写真の奥がダイニングです

ヘッド・シェフのロバート・チャンバーさんは英伊ハーフで、おばあさんの手料理でイタリア料理の味覚を磨いていったそうです。シェフとしてはスクエア、ロカンタ・ロカテッリ、レドベリーなどロンドンでもトップクラスの厨房経験あり。もちろん名実ともにロンドンのトップシェフの一人、イサーク・マクヘイルさん率いるクローブ・クラブの姉妹店ですから、お味のほうは間違いないですね。

嬉しいのは、こんなクオリティ・レストランでサンドイッチなどのカジュアル・ランチを食べられること。昼から夜まで通しでオープンしているので、午後の中途半端な時間でもスナックを美味しいスナックをつまむことができます♪

88 St John Street, London EC1M 4EH

店名Luca
最寄り駅Farringdon / Barbican
住所88 St John Street, London EC1M 4EH
電話番号020 3859 3000
営業時間月〜土 12:00 – 22:30 日 12:00 – 17:00
URLhttps://luca.restaurant
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す