米粉でもちもちナポリタン・ピザ!

0

th_Panzo_banner

Panzo  パンゾ

クラーケンウェルの活気あふれるグルメ通り、Exmouth Market沿いに昨年秋に登場した窯焼きナポリ風ピザのカジュアルなお店。といっても、普通のピザではありません。生地に米粉が入っているので、もっちりとした食感が特徴で、日本人ならきっと、素敵に美味しくいただけるのではと思います♪

th_Panzo_0

なぜか立ち食いしているベビー連れ家族

th_Panzo_1

趣きあるピザ窯♪

th_Panzo_2

通常のレストラン事業者とナポリの農業センターみたいなところがタッグを組んでオープンしたお店。コンセプトはナポリで食べられるパヌオッゾというピザ生地で作るサンドイッチにインスパイアされているとかで、生地を1日以上発酵させて2度焼きすることで生まれる「軽さ」を売りにしています。入り口入ってすぐのところに大きなピザ窯が置いてあるのですが、その周りにはイタリア風のクロワッサンがズラリ。こちらもサクっと軽い生地なのかもしれませんね ^^

th_Panzo_3

th_Panzo_4

楕円形に成形されたピザの生地は、小麦粉に米粉と大豆粉が混ざっているのでふわふわモチモチの食感です♪ (グルテン・フリーではないので要注意)  そして野菜オンリーから豪華サラミ&チーズまで、ヘルシー路線からリッチ路線までお好み次第で選んでいただけるトッピングは、なかなか量が多いので満足度も高し。例えば「Easy V」と名付けられたレギュラー・ピザはチーズもタンパク質もなしですが、ベースにトマト・ソースの代わりにカボチャのピューレが敷いてある野菜いっぱいの面白ピザ。もちもちの生地で食べると本当に美味しいです。

イージーV! 簡単に野菜が摂れるって意味かな ^^

イージーV! 簡単に野菜が摂れるって意味かな ^^  ベースに敷かれているパンプキン・ペーストが決め手

下の写真はマッシュルームとモッツァレラのピザ「St Paolo」に、サラミをプラスしてもらったもの。肉厚マッシュルームが上手に調理してあり、モッツァレラやサラミのコクとあいまって、相当食べ応えのある一品。サラミも普通とスパイシーと2種類選べるのでお好みでどうぞ☆ この日は3名で2枚をシェアしてちょうどよい量でした。女子は一人で1枚食べるとお腹いっぱいでしょう ^^

サラミをプラスでトッピングしていただきました♪ リッチ・テイストで旨いす。

サラミをプラスでトッピングしていただきました♪ リッチ・テイストで旨いす。

カジュアル仕様なので気軽にポップインして一人で食事をするのもよし。美味しくて使えるピザ屋さんです。ちなみにデザートは非常にイタリアンでした・・・「ヌテラのタルトはいかが?」と言われて1個だけ頼んでみたら、これが激甘。ヌテラを加工せずに、そのまま使っていますね? というストレートなフィリングでした ^^;   他にもレモンのタルトとかいろいろあったのに、そっちにすればよかったと思いましたが、きっとどれも甘甘なことに変わりはないことと思います ^^;

th_Panzo_7

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

50 Exmouth Market, London EC1R 4QE

店名Panzo
最寄り駅Farringdon / Angel
住所50 Exmouth Market, London EC1R 4QE
電話番号020 7278 9986
営業時間火〜木 11:30 – 22:30 金・土 11:30 – 23:30 日 11:30 – 22:30
URLhttp://www.panzopizza.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す