粋にいなせにタンド〜リ

0

th_Tandoor Chop House_banner

Tandoor Chop House  タンドール・チョップ・ハウス

トラファルガー広場脇にあるセント・マーチンズ教会の裏手はTerroirが孤軍奮闘していたところ、Barrafinaができてちょっとした隠れグルメ街になってますが、昨年末モダン・インド料理店「Tandoor Chop House」ができてますます魅力を増しました♪

教会すぐ裏手の便利なロケーション♪

教会すぐ裏手の便利なロケーション♪

タンドール窯を使った料理に現代的な洗練を加えて勝負する当店は、The Hoxtonなどロンドンでヒップ・ホテル・ブームの先鞭をつけたホテル/レストラン・グループの傘下にあるだけあり、インテリアはばっちり、むき出し配管・シンプルなペンダント・ランプ・伝統の木製パネルというクールな佇まいで決めています。

コロニアルな雰囲気の食器。窓際席からは、教会をのぞむゆったりとした風景を眺められます。

コロニアルな雰囲気の食器。窓際席からは、教会をのぞむゆったりとした風景を眺められます。

無理矢理作ってもらったヨーグルト・ドリンクとパイナップル・ジュースのミックスw

無理矢理作ってもらったヨーグルト・ドリンクとパイナップル・ジュースのミックスw さっぱり美味しかったですけど。

インド料理屋さんだからといってラッシーはないのでご注意を! ソフトドリンクのところに「All the usual suspects」と書いてあり、スタッフのお兄さんに「マンゴー・ラッシーはないの?」と聞くと「ないんだよね〜」と言われ、「でもラッシーはインド料理屋なら『usual suspects』じゃない?」とジョークで食い下がると「オーケー、ヨーグルト・ドリンクはあるから、パイナップル・ジュースとのミックスでいいかな?」と提案されスペシャルなドリンクを作ってくれました ^^;   お味のほうはもちろん濃厚な「usual」ラッシーというものではなかったですがw サービスとしては好感が持てました。

セミ・オープンキッチンではインド系のシェフが忙しそうに働いていていい感じです。メニューはとてもシンプル。タンドール窯で焼く肉・魚・野菜・ナン、サラダ、カレーめいたものはブラック・ダールのみ。ここは本当にタンドーリ料理の専門店なのです。

ハウス・タンドーリ・チキン。食べ応えあります!

ハウス・タンドーリ・チキン。食べ応えあります!

定番のタンドーリ・チキンを注文してみましたが、胸肉ともも肉の両方を味わえる大盛りで満足度は高いです。胸肉はヘルシー志向の皆さんには嬉しい低カロリー・タンパク質の王様といった感じでややドライな口当たり。ただし付け合わせのハーブ・ソースと一緒にいただくとぐっとお味が引き立ちます。ジューシーな骨付きもも肉のほうはお肉も柔らかくてマリネ液のスパイスも堪能できるので、やはりこちらが王道だと感じました。ただこちらのメニューにもあったチキンティカは通常、骨の付いていない部分を使うので、そちらのお味はまた次回に。

美しいサイド・サラダとブラック・ダール

美しいサイド・サラダとブラック・ダール

タンドーリ窯で焼いたカリフラワー、美味しいです♪

タンドール窯で焼いたカリフラワー、美味しいです♪

タンドールで調理したカリフラワーは歯ごたえが絶妙でスパイス加減もちょうどよく、とても美味しかったです ^^ ブラック・ダールは優等生的な仕上がり? どちらかというとDishoomのほうが私には好みかもしれません。サイドのサラダはトマトとキュウリがとても丁寧に下ごしらえしてあって、こういった細部への配慮が伝統的なインド料理店と違うところだと実感した次第であります。あ! ナンの写真が途切れちゃってますが・・・ナンは焼き立て熱々をお肉やカレーとバクっと一緒に食べるのがいちばん美味しいですよね ^^;   私はどちらかというとふわっと大きく引き延ばして焼いてある甘めのナンが好きなのですが、こちらはイギリスのインド料理店では定番の甘くない薄めナンでございました。

麦芽風味のクルフィ、甘いけどやめられない美味しさ☆

麦芽風味のクルフィ、甘いけどやめられない美味しさ☆

デザートは炭火でグリルしたパイナップルやハルヴァのスティッキー・トッフィー・プディング、そして麦芽風味のクルフィ&キャラメライズ・バナナの3種でした。そこでクルフィをシェアしてみたのですが・・・これが驚きのボウル入りクルフィ。甘いことに変わりないですが、麦芽アイスとバナナ、砕いたピーナッツの組み合わせはスプーンを何度もリピートさせるのに十分な美味しさでした♪

th_Tandoor Chop House_8

ラクダのロゴが目印

総評なのですが・・ここに来て思ったこと。カレー料理はシェアするのが普通だしいいと思うのですが、こういったタンドーリ料理は、もしかすると他の付け合わせと一緒にタリ(定食)として独り占めしw  味のコンビネーションをゆっくり味わうのが最も正しい食べ方なのではないかと。ランチにはタリ・メニューがあり、またその他にもロール・サンドなどシンプルなメニューがありますので、皆さん、こちらを試してみられるといいかもしれません。タリは14ポンドで、メインをいろいろ選べます。私も次回はランチに来てみたいと思います!

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

8 Adelade Street, London WC2N 4HZ

店名Tandoor Chop House
最寄り駅Charing Cross / Leicester Square
住所8 Adelade Street, London WC2N 4HZ
電話番号020 3096 0359
営業時間月〜金 11:30 – 23:00 土 12:00 – 23:00 日 13:00 – 22:00
URLhttp://tandoorchophouse.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す