ちょいと気軽に英国ビストロ

0

th_Clipstone_banner

Clipstone   クリップストーン

ほんの数ブロック先にある姉妹レストラン「Portland」がロンドンのレストラン業界を牽引する粋人たちによって2015年に登場して話題となった数年後、同じくロケーション名を冠した当店がオープンしました。クラーケンウェルの名店「Quality Chop House」のオーナーも関わっているとあっていて美味しさの予感がいっぱいだったところ、やっと試すことができました ^^

ロゴの色使いが好き♡

ロゴの色使いが好き♡

ロンドンのレストラン・トレンドは変わらずグルメ小皿をシェアするスタイル。昔のように澄ましてコース料理を食するという形はもはやメインストリームではなく、料理をシェアすることは一つのオプションになりつつあると感じます。小皿料理と言えばスパニッシュ・タパスと相場が決まっていましたが、今ではタパス風をブリティッシュやイタリアンでも楽しむことができるので、幕の内弁当や居酒屋ごはんのように少しずついろいろ食べたい日本人には嬉しい風潮と言えますね。

大きな窓から光をたっぷりと取り入れたインテリア

大きな窓から光をたっぷりと取り入れたインテリア

パンもアルチザンな味です

パンもアルチザンな味です

さて、このクリップストーン、「 旬の素材を使った丁寧な料理を出してくれるカジュアルな上質ブリティッシュ・ビストロ」と言えばイメージが沸くでしょうか。メニューには小さい皿と大きい皿(炭火焼きグリル)がありますが、季節の小皿料理を取り分けながらおしゃべりに興じるというのがおすすめ。窓際にも話が弾みそうなカウンター席がたくさん用意されています♪

季節のアスパラガスを食べたくて選んだけど間違っちゃった(汗)。「lardo」はカリカリに脂抜きされているものかと思ったら、生ラードそのもの。こういうの、食べられない私なのでした・・・このラードの塩気でいただく一品だったのです。

右上は季節のアスパラガスを生ラードの塩気でいただく一品。メニューを見たとき「lardo」はカリカリに脂抜きされているものかと思ったけど、違った・・・私はこういうのはちょっと食べられないので、もったいない一皿でした・・

やわらかゲソがおしゃれな一品に♪

やわらかゲソがおしゃれな一品に♪

スクアッシュとズッキーニの天ぷら(右)は熱々を食べるべし。

スクアッシュとズッキーニの天ぷら(右)は熱々を食べるべし。

料理はブリティッシュ/ヨーロピアンを基本にした折衷スタイルで、こちらもまさに旬のかたち。例えばレンティル豆を甘酸っぱいドレッシングで和えてディルやネギでアクセントを付け、グリルした柔らかなイカと一緒にいただく皿はヘルシーかつ満足度が高い一品。ふっくらとした衣をまとったスクアッシュとズッキーニの天ぷらや、リッチなソースにからめていただくカラフルなトマトとチーズのラビオリも、丁寧な仕事が印象に残る佳品でした。

あえてグロテスクさに挑んだチョコレート・ムース! このミックス・ライスのぽん菓子って、最近たまに見かける技ですね

あえてグロテスクさに挑んだチョコレート・ムース! このミックス・ライスのぽん菓子って、最近たまに見かける技ですね

数種あるデザートの中からチョコレート・ムースのパリパリ・ミルフィーユをシェア。まるで虫のようにも見えるぽん菓子風のライス・クラッカーがトッピングされた遊び心のある品は軽い口当たり。プロの技と言うにはちょっとものおぼつかない見た目ではありましたが、美味しくいただきました。

ホテルの高級レストランに行くほどでもない。リーズナブルに、お洒落に美味しいものを食べたい。そんなときに重宝するブリティッシュ・ビストロです ^^

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

5 Clipstone Street, London W1W 6BB

店名Clipstone
最寄り駅Great Portland Street / Regent’s Park / Goodge Street
住所5 Clipstone Street, London W1W 6BB
電話番号020 7637 0871
営業時間月〜金 11:30 – 23:00 土 12:00 – 23:00 日 13:00 – 22:00
URLhttp://clipstonerestaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す