境界のないリラックス・ダイニング

0

th_El Ganso_banner

El Ganso  エル・ガンソ

「ガチョウ」という名のスパニッシュ・タパス店。ウルトラ・トレンディなブロードウェイ・マーケットに2014年頃に登場したのですが、当初からまったく気負わない雰囲気で、まるでずっと昔からそこにあるような顔をして佇んでいます。オープン直後からお客さんが多いのは、分析するに敷居の低さ、屋内とソトの境界のあいまいさ、といった要素でしょうか。少しでも気温が高ければテラス窓は全開、ちょっとしたホリデー気分を味わえるのです。

ここのパン・コン・トマテはディップするタイプ。

ここのパン・コン・トマテはディップするタイプ。個人的にはすでにパンにのっているタイプが好きw

正統派のトルティーヤ!

正統派のトルティーヤ!

ヘッドシェフはバレンシア生まれのマルセロ・サンチェス・カブレラさん。代々、食業界で身を立てているという一家に生まれた彼の食への感性はナチュラルで、メニューにはイベリコ・ハム、獅子唐炒めやトルティーヤ、ズッキーニの花など気取らないタパス・メニューが並びます。一方で、マグロのたたきやタコとフモスを組み合わせた皿など、当店ならではのスペシャルも人気。ここは「リラックスした雰囲気の中でリーズナブルに美味しい料理をつまみながらお酒を飲みたい」というロンドナーたちの一貫した思いに応えるナイス・スポットなのです。

本日のスペシャルだった以下揚げ。なかなか美味♪ 暑い日ならシャングリラで乾杯!

本日のスペシャルだった以下揚げ。なかなか美味♪ 暑い日ならシャングリアで乾杯!

右はタコとフモスの一品。これはタコの火の通り具合もソースも美味しくて、超オススメ。左上のマグロのたたきも新鮮な魚で美味しかったです

右はタコとフモスの一品。これはタコの火の通り具合もソースも美味しくて、超オススメ。左上のマグロのたたきも新鮮な魚で美味しかったです。左下はパエリア。こちら量は少ないけどお味は合格。

日本人なら誰でも大好き、イカスミご飯。イカやわらない!

日本人なら誰でも大好き、イカスミご飯。イカやわらない!

正統派のタパスってあまり特徴が出ないことが多いですが、ここはデザートが面白かった。アーモンド・タルトもスペシャルのチョコレート・フォンダンもプレゼンテーションに一工夫があり、美味しかったです♪

豪快プレゼンテーションのデザート☆

豪快プレゼンテーションのデザート☆

ブロードウェイ・マーケット界隈で軽くタパスをつまみながら楽しくおしゃべりに興じたいときの「ローカルが通うのタパス屋さん」。ここはまさに、そういう店です。

59 Broadway Market, London E8 4PH

店名El Ganso エル・ガンソ
最寄り駅Cambridge Heath Road
住所59 Broadway Market, London E8 4PH
電話番号020 7241 1793
営業時間月〜木 8:30 – 23:00 金・土 8:30 – 23:30 日 8:30 – 23:00
URLhttp://elgansocafe.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す