巨大なタフトゥーンを食べよう

0

th_Alounak_banner

Alounak   アロウナック

ベイズウォーター駅近くで1998年から変わらず賑わっているイラン料理屋さん。ここは何度か友人に連れてきてもらった店ですが、いつもイラン系と思われるローカルの人達で賑わっている人気店です。じつは前回来たときはベジタリアン系の料理を頼んでちょっと失敗したなと思っていたので、今回は迷わず肉! やはり中東系の店ではまずはお肉を試してみないと真価は分かりません。

th_Alounak_1

伝統的な、と感じる内装

とはいえスターターにはまず、冷菜の盛り合わせを。これが大正解♪ トルコ系の店ではあまり見ないポテトサラダも美味しく、イラン名物である大判のナン、タフトゥーンとよく合います。「Taftoon」というのは独特のイーストを混ぜて焼く小麦粉のナン。イランで食べられている伝統食で、現地では店先でデモンストレーションを見られるみたいですよ。と思ったら、この店にも窯がありました!

冷菜の盛り合わせは £10.90。3人くらいなら前菜はこれで十分。左下が巨大なタフトゥーン! 二つ折りで出てきますが、軽めなので、ペロリといけます。左上はビートルートと人参のフレッシュ・ジュース☆

冷菜の盛り合わせは £10.90。3人くらいなら前菜はこれで十分。左下が巨大なタフトゥーン! 二つ折りで出てきます。大判ですが軽めなので、ペロリといけます。左上はビートルートと人参のフレッシュ・ジュース☆

右上がタフトゥーンを焼く窯です。入り口のところにあって、最初は気づかなかったけれど・・・

右上がタフトゥーンを焼く窯です。入り口のところにあって、最初は気づかなかったけれど・・・

タンドーリ窯のように見える窯の内側にめいっぱい薄くのばした生地を貼付けて焼くのです。この日は実際に焼いているところは見られなかったのですが、焼き立てはやはり美味しい! 小麦粉のいい香りと一緒にホクホクといただきます。

そしてメイン・コースは欲張りなミックス・グリル「アロウナック・スペシャル」を。ラム、チキン、ラム肉のコフテが一つの皿にのっかり、女子2人ならこれで十分。ジューシーでクセもなく、パクパクといただけてしまいます。やはりグリルは中東系レストランに限ります ^^

フレッシュな野菜&フルーツ・ジュースも充実しているので、ヘルシーランチもできそう。私はイランには行ったことがありませんけれども、現地レストランの食事ってこんな感じなのかなと、疑似トリップできるようなお店です。

44 Westbourne Grove, London W2 5SH

店名Alounak
最寄り駅Bayswater / Royal Oak
住所44 Westbourne Grove, London W2 5SH
電話番号020 7229 4158
営業時間月〜金 11:30 – 23:00 土 12:00 – 23:00 日 13:00 – 22:00
URLhttp://alounakrestaurant.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す