穴蔵バーでシンプルにスモークフード

0

th_Rok Islington_banner

Rök Islington   レーク・イズリントン

ショーディッチに2015年夏にオープン後、あっという間に人気者となった「Rök Smokehouse & Bar」に続き、翌年アッパー・ストリートに登場したイズリントン店。

直火でシンプルに調理するアメリカ風バーベキューやスモークハウスはロンドンでも近年増えているレストラン・スタイルですが、Rökのショーディッチ店がオープンしたときはひとしきり話題に。というのも、スカンジナビア風の調理技術や料理を取り入れているところが目新しく、豪快というよりも渋めのバースタイルでお味のほうもデリケートなところがクールなイースト・ロンドナーたちの心を捉えたから。この渋め路線はイズリントン店でも踏襲されていて、レストランというよりもバーに近い感覚で一杯飲みながらつまむ、という流儀で楽しむことができます。

th_Rok Islington_1

じつは訪れたのは春。季節感が微妙にズレておりますがご容赦を。ロンドンの街路樹はまだグリーンですよ ^^;

細長く穴蔵的なバーです。奥にキッチンが見えております

細長く穴蔵的なバーです。奥にキッチンが見えております

Rökのもう一つの特徴は北欧風にピクルスや発酵食品をサイド野菜として取り入れているところ。この日は人参のピクルスというのをお願いしてみたのですが・・・これは微妙でした(笑)。縦にピールされている人参が文字通りぎっしりとガラスの保存瓶に詰め込まれていて、フォークでは取り出しづらい+マリネ液のお味と漬け加減がいまいち。こちらはあまりおすすめしません・・・ただしザワークラフトやキュウリ、ビートルートなどもあるので、どれがベストか機会あれば引き続き試してみたいと思います ^^;

パテ料理の面白いプレゼンテーション

パテ料理の面白いプレゼンテーション。クリスプブレッドを割りながらディップしていきます☆

小皿料理から鴨のパテを選ぶと、大判のクリスプブレッドに絞り出された愉快な風貌で登場。上に載っているフルーツジャムが決め手。そしてメインのセクションから鴨続きでもも肉を。こちらも北欧らしくコケモモのコンポートを添えていただきます。お肉はもちろんホロホロ♪

th_Rok Islington_4

この日つまんだ中でいちばん気に入ったのは、直火焼きしたホタテ♪ イタリアン・サラミのウンドゥイヤのペーストが敷かれてあり、サンファイアの塩気もベストマッチ。1ポーション1個ですが2人でシェアしても十分に楽しめます。

ホタテ美味しかった!左は付け合わせ的なポテト・グラタンなんですが、これもほっこりと、美味しかったです♪

ホタテ美味しかった!左は付け合わせ的なポテト・グラタンなんですが、これもほっこりと、美味しかったです♪

すっかり秋めいてきたロンドンですが ^^ こういう穴蔵的なバーで赤ワインを飲みながら美味しいおつまみでおしゃべりするのが楽しい季節もすぐそこ。ふらっと訪れても座れると思いますので、ぜひぜひ覗いてみてくださいね。

ちなみに「Rök」(レーク)というのはスウェーデン南部にある教会の名前。9世紀頃のものと思われる古代ルーン文字が刻まれたレーク石碑が発見された教会で、店名は意外と謎めいたネーミングなのです・・・

149 Upper Street, London N1 1RA

店名Rök Islington
最寄り駅Angel / Highbyry & Islington
住所149 Upper Street, London N1 1RA
電話番号
営業時間毎日 12:00 – 00:00
URLhttp://roklondon.co.uk/islington/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す