モダン・イーストがメイフェアにやってきた

0

th_Neo Bistro_banner

Neo Bistro  ネオ・ビストロ

レンガの壁にミニマルなインダストリアル・インテリア。モダン・テクノロジーを駆使した旨味のあるシンプル・ディッシュ。東ロンドンではもはやおなじみの風景となった肩の力を抜いた今風ビストロ・スタイルのレストランが、中心部の高級地区メイフェアに今年6月に登場して評判です。今回のレポートは、実は7月に訪れたときのものなので白アスパラガスなんかが料理にあってすみません・・・ ^^; (7月でも季節はちょいズレてますけれど)

まるでイーストのカジュアル・ブラッセリーでしょう?

まるでイーストのカジュアル・ブラッセリーでしょう?

オープン直後だったためサービスにぎこちなさが若干あったものの、ある面ではすでに完成された落ち着きを見せていました。それもそのはず、かの一つ星パブ、Harwood Armsのシェフとクラーケンウェルにあるモダン・ブリティッシュで業界受けのいいAngloのシェフがタッグを組んでいる注目のレストランなのですね。それで私もいそいそと訪れてみたのです。

テーブル数はさほど多くないです

テーブル数はさほど多くないです

ビートルートとチーズ・ムースのサラダだったと思う。お味はふつー

ビートルートとチーズ・ムースのサラダだったと思う。キレイな盛りつけ、お味はふつー

絵画のように美しく盛りつけられる料理は、「そつがない」という言葉がぴったりの優等生的な仕上がり。ビートルートのサラダやトマトのサラダあんかけ、サーモンのソテーに白アスパラガスのベジタリアン・ディッシュなど、ちょっとした工夫や目新しさのあるお皿の数々でした。

コンソメ・ゼリーをかぶせたトマト・サラダ(左下)とサーモンのソテー

コンソメ・ゼリーをかぶせたトマト・サラダ(左下)とサーモンのソテー。サーモンのソテーは、本当に見た目まんまの味

例えばトマト・サラダの上にのっているのは、温かい出汁のゼリー。旨味のあるふるふるゼリーあんかけと一緒にスライスしたトマトをいただきます。白アスパラガスはシャキシャキ感も残した調理法で、たしか同じような食感のキクイモが入ったホワイト・ソースでいただきました。食べたことのない料理だったし、目新しさもありました。

ホワイト・アスパラガスってふだんあまり食べないけど、こういうふうに調理するんだ〜と、発見があった一皿

ホワイト・アスパラガスってふだんあまり食べないけど、こういうふうにも調理するんだ〜と、発見があった一皿

ここの料理を食べてみてすぐに思ったのは、同じくイーストにあるElloryという店と同じような料理を作るシェフだなということ。どんな特徴かって? 素材をうまく使って上品な美味しさに仕上げてある、盛りつけはある程度の工夫はあるが基本シンプル、量はさほど多くないが、技術に見合ったお値段はする。どういう料理か分かります? なんていうか、目の前にやってきたときのワクワク感がね、あまりなかったんです ^^;   これは完璧に好みの問題だと思うので、お洒落に現代風の間違いのない料理を楽しみたい方にはおすすめ。とくにメイフェアにはこういったタイプのブリティッシュ・ビストロは少ないと思うので、ある意味重宝するでしょう。

それともう一つ。この手の店は、思い切ってテイスティング・メニューに挑戦するほうが満足度はぐんと高いということです。ネオ・ビストロは土曜日のディナーのみテイスティング・メニューを提供しているので、そちらを試してみられてもよいと思います ^^

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

11 Woodstock Street, London W1C 2AE

店名Neo Bistro
最寄り駅Bond Street
住所11 Woodstock Street, London W1C 2AE
電話番号020 7499 9427
営業時間火〜土 12:15 – 14:30 / 18:00 – 21:45
URLhttp://neobistro.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す