シーフード料理を食べたい町のチッピー&ダイナー

0

th_Kennedys_banner

Kennedy’s  ケネディーズ

オールド・ストリートすぐ近く、昔ながらの佇まいを残すWhite Cross Street沿いにある、フィッシュ&チップスを得意とする英国料理のカジュアル・ダイニングです。

街角のチッピーのようにも見えるのですが、意外ときちんとした料理も出す良心価格のお店。1877年創業の「Kennedy’s」という肉屋さんのブランドをいただいて営業しているということなので、そのまま140年間営業しているわけではないのですが、それでもイギリス人家族がバービカン・センターに行ったついでにお金をかけずにお腹いっぱい食事ができるような、古きよきフィッシュ&チップス・レストランの面影が残っていて好ましいです。

th_Kennedys_1

レトロ感あふれる外観。昔の肉屋さんを利用した空間です。持ち帰りする人もちらほら

th_Kennedys_2

この日はダイエットもしなきゃだし、「軽くシェアして食べよう」という感じでスターターの末尾にあった「シーフード・プラッター £13.50」を頼んでみると・・・これがかなりボリューミーで(笑)美味しい! 可愛らしくまんまるにまとめられたフィッシュ・ケーキが2種、スカンピー、カラマリのフライ、イカのグリル、エビのグリルという盛りだくさんな内容で、味も調理具合も上出来で大満足。こういった店には珍しく、サイドには「ロースト・ベジタブル」なんかもあってちょっと嬉しかったです。小さく刻んだ野菜をローストしてあるもので、お味も良かったですよ ^^

シーフード・プラッター。フィッシュ・ケーキが美味しい♡

シーフード・プラッター。フィッシュ・ケーキが美味しい♡

「英国料理店」と銘打っているので、フィッシュ&チップスやソーセージ&マッシュ、パイ料理やステーキ、バーガーなど一通りはあります。ここはとくにシーフードに力を入れているので、メイン料理の欄にある、イカをまるごと炭火焼きにしたり揚げてくれたりする一品、マグロのグリル、サーモン、エビの盛り合わせ「Kennedy’s Mixed Fish」なんかをシェアしてみるとバラエティも楽しめるでしょう。エイヒレも調理してくれるようで、いろいろな写真を見る限り、ものすごく惹かれます♪

ちなみにハウス・ワインは175mlが3.25ポンド、ボトル10.95ポンドと、驚きの超良心価格。15ポンドから25ポンド程度のワインを数種揃えているあたり、心憎いと言わざるを得ません。2階にも広いスペースがあるようなので、グループでのパーティーにも使えそうです。

近くのGoswell Roadにももう一軒あるようですが、同じようなレトロ路線のカジュアル・ダイニングです。上質のチッピーをお求めの際は、ぜひ一度利用してみてくださいね。

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

169 White Cross Street, London EC1Y 8JT

店名Kennedy's
最寄り駅Old Street / Barbican
住所169 White Cross Street, London EC1Y 8JT
電話番号020 7253 1796
営業時間月〜木・土 11:00 – 22:00 金 11:00 – 23:00 日 12:00 – 21:00
URLhttp://kennedyslondon.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す