エーゲ海の洗練を知る

0

th_Hovarda_banner

Hovarda   ホヴァーダ

新生「Rupert Street」シリーズ第二弾。今日はXUの隣に昨年11月に登場しているHovarda。トルコやギリシャの料理を現代風にアレンジした地中海レストランです。

th_Hovarda_0

ほのぐらい照明、壁一面にガラス・ボトルを並べ70年代風ランプシェードが吊り下がるインテリアはレストランというよりも、ほとんどバー。じっさい2階にはカクテル・バーがあるのですが、私たちが座ったのは1階レストラン・スペースです。グラマラスな雰囲気たっぷりで・・・

雰囲気ある素敵なレストランですよ。

オープンしたて(時期も時間も)の訪問で、たくさんのスタッフが手持ち無沙汰にしてましたw

料理はシーフードに力を入れたモダンなエーゲ海料理、とでも言うのでしょうか。メニューを見るとタラマサラタやザジキといったメッゼの定番品にもカラスミがふりかかっていたり、バッファロー・ヨーグルトだったりと工夫がみられ、またカニ肉をフィロ・ペイストリーで巻いて揚げたボレック風の一品などもあります。

左がアーティチョークのグリル・マリネ、右下がカニ肉のボレック。ボレックは美味しかったけど、期待していた感じではなかったなー。もう少しシンプルに食べたかった。右上はサイド・メニューのステムブロッコリー

左がアーティチョークのグリル・マリネ、右下がカニ肉のボレック。ボレックは美味しかったけど、期待していた感じではなかったなー。もう少しシンプルに食べたかった。右上はサイド・メニューのステムブロッコリー。トロミがつけてあって、丁寧に調理されていました♪

th_Hovarda_3

燻製ウナギ! ときどきレストランで見かけますけど、食べてみる価値あり。身が引き締まっていて、美味しいです☆

スターターの中で美味しかったのは、直火グリルしたアーティチョーク、そしてファヴァ・ビーンズのペーストの上にグリルした燻製ウナギをのせたもの。ウナギは日本で食べるものとは全く異なる味&食感ですが、英国の燻製ウナギもなかなかイケます ^^   メイン料理の中から選んだのは、粘土製の器の中でベイクした野菜料理と、スローローストしたラム肉。どちらのお皿も大変美味しかったのですが、個人的には粘土の器の中でバイクした根菜類が感動的に美味しく・・・これは一人で一皿、ペロリといただけそうでした。

左がラム肉。やわらかく、臭みもなく、極上の味わい☆ 右下の野菜のベイク、絶品でした♪

左がラム肉。やわらかく、臭みもなく、極上の味わい☆ 右下の野菜のベイク、絶品でした♪

th_Hovarda_5

ラテ・アートが洗練されてる! 何気にあしらわれた幾何学模様がムスリム圏とその周辺の料理であることを匂わせる

さて、食後のデザートには、メタクサと呼ばれるギリシャの蒸留酒を使ったババ、そしてトルコはイズミール地方の名物と言われるロクマのモダン・バージョン。ババのほうはしっとり甘さもほどよくフルーツ・ポンチと一緒にいただくと、さらにさっぱりしています。ロクマはミニ揚げドーナッツのようなもので、シナモン・アイスクリームとの相性もよく、しつこさはありますけど2つくらいは軽くいただけます ^^

ラムならぬ、

ラムならぬ、メタクサで作ったババ。美味しい。

ロクマ! ロクムではありません

ロクマ! ロクムではありません

ちょっと気遅れするようなスカした感のあるレストランではあるのですが、サービスは通常の!?トルコ料理レストランと変わらないフレンドリーさがあり、お味も上々。お値段もこの類のレストランとしては通常料金で目が飛び出るほど高いというわけではありません。オーナーはマリルボーンにできている比較的新しいYosmaというモダン・トルコ料理レストランと同じチームのようです。このYosmaは行きたいリストにずっと入っていて行けていないレストランの一つ。今度試してみたいと思います ^^

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrink

36-40 Rupert Street, London W1D 6DW

店名Hovarda
最寄り駅Piccadilly Circus / Leicester Square
住所36-40 Rupert Street, London W1D 6DW
電話番号020 3019 3460
営業時間日〜木 12:00 – 23:00 金・土 12:00 – 23:30(バーは毎日1:30まで)
URLhttps://www.hovarda.london
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す