パリっとサンドが大評判、愛とボリュームのビーガン屋さん

0

th_Piadina Genuina _banner

Piadina Genuina   ピアディーナ・ジェニュイーナ

イタリアはロマーニャ地方の伝統レシピで作るパリっパリのビアディーナ(フラットブレッド・サンドイッチ)がカルト的な人気を誇る東ロンドンのビーガン・レストラン。ヴィクトリア・パークの北側に小さな店を構えています。

th_Piadina Genuina_1

「伝統レシピ」と書きましたが、一つだけ違うのは、伝統的には油脂にラードを使うところ、当店ではエキストラ・バージン・オリーブ油を使っているところ。イタリア人オーナーのアントニオさんは本場ロマーニャ地方で80歳の女性から昔ながらのレシピを叩き込まれたという方で、自身の店をイタリア国内で開くにあたって材料を変更したのだとか。そのビーガン・ピアディーナが大当たり! 2015年にロンドンに移住し、2017年に現在の店をオープンしたのだそうです。

th_Piadina Genuina_2

冷蔵カウンターには色とりどりの調理野菜たちが並んでいて、こちらにも抗えず・・・まずはサラダの盛り合わせをお願いしてみました。メニューにはなかったのですが、お願いしたら作ってくれました ^^

th_Piadina Genuina_3

ロースト・ペッパーやズッキーニ、ナスやフモスはナチュラルで素直な美味しさに感動。そして、表面がパリっとなるまで鉄板で焼いた手作りピアディーナは、ボリューム満点のビーガン・ソーセージ、ブロッコリー&マッシュルームのフィリングで。

左上が本日のスペシャルだったパスタ♪

左上が本日のスペシャルだったホウレンソウの生パスタ♪

見よ、このフィリング!

見よ、このフィリング!

これだけでお腹いっぱい♡ 味も栄養も文句なく整ったビーガンのごちそうです。また当店はビーガンのパスタ類でも有名。この日いただいたスペシャルのホウレンソウ・パスタもとにかくボリューミーで味のセンスもふるっています。ビーガンの友人と訪れたのですが、ビーガン・ミートとして知られるセイタン(グルテン・ミート)も手作りしているとかで驚いていました。添加物なしのナチュラルさも、当店の魅力のようです。

お値段もとても良心的で、2人でこれだけシェアして飲み物も入れて一人10ポンドちょっとだったと思います。コーヒー・マシンがないのでコーヒーはプレス式のカフェテリア(十分美味しい)。何千ポンドもするコーヒー・マシンにお金をかけるよりも、このお値段でずっと美味しい料理を出してほしいです ^^

先日、この友人を招いてビーガン料理を作ってみました。すべて植物性のもので作る料理はバラエティでも問題なく、食材の豊かさも堪能。お肉もお魚も大好きだけど、たまにはピュアな野菜の恩恵だけに浴するのもいいかな、なんて思った夕べでした ^^

あぶそる〜とロンドンのレストラン・カフェ・パブ検索機能では、
ジャンル、エリアの両方から検索することができますので、
しっかり活用してくださいね〜!

http://www.absolute-london.co.uk/fooddrin

251 Wick Road, London E9 5DG

店名Piadina Genuina
最寄り駅Homerton
住所251 Wick Road, London E9 5DG
電話番号07497 674 699
営業時間水〜日 11:00 – 21:00
URLhttps://piadinagenuina.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す