お隣は食市場、お値打ちヨーロピアン居酒屋

0

th_Arthur Hoopers_banner

Arthur Hooper’s   アーサー・フーパーズ

バラ・マーケットに面した好ロケーションに昨年夏に登場した小皿料理の店。もともと八百屋さんだった建物を利用した店のインテリアは大改修の末にクールモダン路線に。ちょっと不思議な絵画がかかっているのはオーナーさんの趣味なのでしょうか。

th_Arthur Hoopers_1

季節ごとに変わるメニューには野菜、魚、肉とそれぞれバランスよく並び、どのお皿もぴしっと決まっていて「アフター5の一杯」にちょうどよい分量、そして小気味良い美味しさ。いろいろ選んでちょっとずついただくという日本の居酒屋と全く同じ楽しみ方ができるうれしいレストランであり、近年のトレンドを反映しているとも言えます。

th_Arthur Hoopers_2

左下がアーティチョークのフライ。最近流行りのパン粉のフライ。イギリス人、好きみたいです。

衣がサクサクに仕上がったアーティチョーク・ハートのフライが大変美味でした ^^ サバのパテやムール貝、ビーフ・ラグーのパスタも全て味よく、シェフについて調べてみると、かつてシンプル・イタリアンの良店としてカリスマ的な人気を誇ったバーモンジー・ストリートのZuccaで働いていた方みたいです。どおりでツボを抑えた小皿料理が得意なはずです。

th_Arthur Hoopers_3

下のデザートはチーズケーキですが、上にのっかっているオレンジ色のものは・・・かぼちゃなんです! カンディードしたかぼちゃ。とても美味しかったですよ♪ 左の絵、なんとなく気になった。

バラ・マーケット界隈は最近はいろいろな店が増えて楽しくなってきました。ストールも強豪揃いですし、レストランは言わずもがな。「ロンドンの胃袋」の異名はまだまだ返上する必要はなさそうです。

長らく放置していたツイッターのアカウントを昨年末から活用し始めました。
いろいろつぶやく予定なので、見てみてくださいね♪

twitter.com/absltldn
@absltldn

8 Stoney Street, London SE1 9AA

店名Arthur Hooper’s
最寄り駅London Bridge
住所8 Stoney Street, London SE1 9AA
電話番号020 7940 0169
営業時間月〜木 11:00 – 23:00 金〜土 11:00 – 00:00
URLhttps://www.arthurhoopers.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す