シティ・ワーカーたちのブリティッシュ賛美

0

th_Temple and Sons_banner

Temple and Sons テンプル・アンド・サンズ

シティにそびえるロンドン最高峰のTower 42ビル。その隣にたたずむ「Temple & Sons」は、ロンドンのレストラン業界きっての伊達男であるジェーソン・アサートン氏が2016年末にオープンした渋めのレストラン・バーです。19世紀に2度も英国首相を務めた政治家、第3代パルマーストン子爵であるヘンリー・ジョン・テンプルにちなんだ名前。時代に則したカジュアルさを取り入れながらも、どこかイギリスらしいダンディズムが漂う内装はいかにもアサートン氏が好みそうな風情。

th_Temple and Sons_1

タワー42の隣のビルの端っこから突き出している面白い造り。左は1階バーの様子。

ここはシティのど真中という場所柄、アフター5のバブルを求めるシティ・ワーカーのためのカクテル・バーの役割をしていて、1階バーでも2階ダイニングでも仕事帰りの一杯をグループで楽しむ人びとの姿もちらほら・・・。カクテルのリストは「Fever -Tree」というミキサー会社とのコラボでトニック・ウォーターへの強いこだわりを見せるラインナップ。16時から19時まではご機嫌なハッピーアワーで同じカクテルなら2杯で1杯のお値段! お酒好きならぜひ、いろいろ試してみてください♪

th_Temple and Sons_2

こちらが2階のレストラン部分。落ち着ける空間☆

食事も含めてゆっくり過ごしたいなら、2階ダイニングへどうぞ。アサートン帝国のエクスクルーシブ・シェフとしてCity Socialでもヘッドを務めるポール・ウェルシュさん率いるチームが、伝統のイギリス料理を素敵にモダン化したレシピを披露してくれています。

th_Temple and Sons_3

ハッピー・アワーで同じドリンクなら2杯で1杯のお値段♪ 下はビートルートとチーズのサラダ。

th_Temple and Sons_4

21世紀のコテージ・パイ! サイドにお願いしたベイビー人参のソテーが激うまw

驚きだったのはコテージ・パイのアサートン流。シルクのような舌触りのクリーミー・ポテト(と言ってもクリームが多いわけではない)、深みのある濃厚なミート・ソース・・・流動とまではいかないけれど、固形食というよりも舐めるように味わうコテージ・パイの洗練形でした。そして、もっと驚いたのは・・・デザート、もとい、プディング!

th_Temple and Sons_5

洗練のスティッキー・トッフィー。ティーポットが本格的でテンション上がった。

伝統のスティッキー・トッフィー・プディングは、キャラメル・ソースが別添えでやってきて、このようにトロ〜りと回しかけていただきます♪ 甘いけれど、この甘さはスティッキー・トッフィーには欠かせません。またトリークル・タルトにもハニーコムが付いてきて、こちらは素材の良さを感じられる上品な甘さでペロリ。

th_Temple and Sons_6

ホテルのティータイムのようなティーポットに♡

ウェブサイトを見る限り、もしかするとメニューはすでに刷新されていて今日ご紹介したものはないかもしれないのですが、イギリスらしい伝統スナックのモダン形を試してみたい方には、おすすめです ^^

22 Old Broad Street, London EC2N 1HQ

店名Temple and Sons
最寄り駅Liverpool Street / Bank
住所22 Old Broad Street, London EC2N 1HQ
電話番号020 3883 9377
営業時間月〜金 12:00 – 14:30 / 17:30 – 22:00(バーは16:00 – 19:00までハッピーアワー)
URLhttp://templeandsons.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す