極上炙りしめ鯖♪ 美酒に酔うクールでなつかしい和食屋さん

0

0_Mugen_top

Mugen  夢源

その昔、モニュメント駅のすぐ近くのビルの1階にあった日本食レストラン「Mugen」がなくなって寂しく思っていたところ、実はひっそりと昨年9月に再オープンしていたのでした♪   何を隠そう、その昔、モニュメント界隈に定期的に行くことがあり、その度にMugenのボリューム満点でリーズナブルな「残業定食」を楽しみにしていたMugenファンの私だったのでした(笑)。

新しいロケーションは、賑やかな庶民のマーケットが立つことで知られるクラーケンウェルのLeather Lane沿い。近代的なビルの1階です。「夢源」と風情ある書体で書かれてあるロゴをなんとなく覚えているのですが、こうやってゴシック系フォントで書かれると、まるで違う店のよう。不思議にモダン〜!

モダン・インダストリアルと言ってもいいビルの1階。

モダン・インダストリアルと言ってもいいビルの1階。

まずは駆けつけ一杯。なんと自家製ぬか漬けがありました〜! 上手に遣ってます♡

まずは駆けつけ一杯。なんと自家製ぬか漬けがありました〜! 上手に漬かってます♡

あら? この場所って・・・? 古くからロンドンにいらっしゃる居酒屋ファンの皆さんには馴染みの場所、かもしれません。そう、ここはかつて但馬亭という老舗日本食レストランがあった場所。どうやらMugenのオーナーさんが、但馬亭のオーナーさんの引退に伴って、一部メニューと一緒に引き継ぎをされたみたいなのです。つまり、この店が正真正銘のMugenであり、かつての味を楽しめることに変わりはないのですが、それに加えて、但馬亭の看板メニューのいくつかもレシピごと引き継いでいるという、言わばいいとこ取り!!をした再生Mugenなのです。それは楽しみ〜とばかりに、Mugenファン、但馬亭ファンのグループ5名で久しぶりの居酒屋メニューを目指してやって参りました♡

実はインテリアがめちゃくちゃ気に入ってしまった私。クール・モダンなんだけど、和食屋さんらしさをしっかりと中心に据えた造り。現代風でなつかしい。そんな印象なのです。

実はインテリアがめちゃくちゃ気に入ってしまった私。クール・モダンなんだけど、和食屋さんらしさをしっかりと中心に据えた造り。現代的でなつかしい。そんな印象なのです。

予約していたテーブル席に座って改めてインテリアを見渡すと、とても洗練されたミッドセンチュリー風のモダン仕様に設えられていることが分かり、「む、できる・・」という印象。今のロンドンのトレンディなレストランによくあるような “一部の隙もない” がちがちコンテンポラリーではなく、居酒屋らしい親しみやすさを残しつつ、ところどころにトム・ディクソンのモダン照明を採り入れてアクセントにしたり、グレーのタイル床で全体をクールに引き締めたりと、新旧のバランスが絶妙によろしいようで。

左上が「ムゲン・バクダン」! 中下が、オーナーさんが自ら味醂干ししているという驚きの自家製ハラミ焼き。

左上が「ムゲン・バクダン」! 中下が、オーナーさんが自ら味醂干ししているという驚きの自家製ハラミ焼き。

さて、さっそく夜のメニューから前菜的なものを。ぱっと目に飛び込んできたのは「ムゲン・バクダン」! 漬けマグロ、納豆、とろろ、オクラ、沢庵を混ぜ混ぜしていただく大胆にねばねばとした一品で、マグロと沢庵がこんなに合うのかと驚きのある味のコンビ。マグロを漬けてあるところがポイントです ^^   そして、本日のおすすめの中から鮭ハラミのみりん干し焼きを。これがいい具合に脂がのっていて、ふるふると美味しいのなんの。白いご飯が欲しくなるお味☆   聞くと、なんとオーナーさん自らがみりん干しにされているのだとか(驚)。そういえばぬか漬けもオーナーさんの手作りだということなので、料理の腕前が素晴らしいのはもちろん、食材への敬意をしっかりと持たれている方なのだなとお見受けしました。

こんなご機嫌なおつまみに合う日本酒をと、日本酒好きの連れたちが選んだのは純米大吟醸の「獺祭(だっさい)」。独特のフルーティーな口当たりが和食とよく合います♡ しっぽり幸せ〜となったところで、但馬亭の看板メニューから、「炙りしめ鯖」を!

激うま+日本酒とベストマッチな炙りしめ鯖。

激うま+日本酒とベストマッチな炙りしめ鯖。

この炙りしめ鯖・・・日本人でよかったと、しみじみ感じ入ってしまう美味しさでした。絶対にまた食べたい。魚が新鮮なのはもちろんのこと、脂ののり具合、塩加減やマリネ加減、ちょうどよい炙り具合と、どれをとっても文句なし。しょうゆなんて付けなくても絶対的に美味しいのです。半身分もあるので5名で分けるとちょうどよい量になります。さて、各自が食べたいものをメニューから選んでいくと・・・こんな品々になりました♪

右上は木綿豆腐の明太マヨ・チーズ焼き、下は左から大根と帆立のサラダ明太マヨ・ソース、豚の角煮。

右上は木綿豆腐の明太マヨ・チーズ焼き、下は左から大根と帆立のサラダ明太マヨ・ソース、豚の角煮。

大根と帆立のサラダは明太マヨ・ソースでいただく贅沢。豆腐も明太子マヨとチーズのコクがたまらないジュージューとリッチな味わいです。「最強」と銘打たれた豚角煮はやはり、はずせませんよね ^^   そしてそして、但馬亭仕込みの特製松前寿司♪   メニューを見ると「但馬亭一番人気」と書かれてあるので、これも注文せざるをえません。

美しい松前寿司♪

美しい松前寿司♪

あ、バッテラだ! と思ったのですけど、松前寿司とバッテラは正確には違うのだそうです。バッテラは型に入れて成形するので四角いけれど、松前寿司は巻き簀で巻いて形を整えるのだとか。こちらも表面に薄〜く昆布が貼ってある本格派♡ 四角いバッテラと違って一口では頬張れないボリューム!   鯖もご飯も美味しかったです。この際、焼き物も味見をしてみたいと意見が一致し、いくつかバラで注文。ネギマの柔らかさに感動しつつ、生涯で初めていただくプチトマトのベーコン巻きにも手を伸ばしました。ベーコンの塩気をトマトの酸味が中和するベスト・コンビ ^^

この盛り合わせにはぐっと来ました!

この盛り合わせにはぐっと来た!

締めを何にしようか迷った末に、モニュメント時代によくいただいた、なつかしのぶっかけうどんを選びました。変わらぬシコシコ感と本格出汁、そしてオクラやとろろの組み合わせが◎ 出汁が美味しいと嬉しくなります♪    そしてご飯ものにはMugenのカレー・ファンだったという連れの一人が、エビ・カレーを注文!

なつかしの海老フライ・カレー! ぶっかけうどんも旨い♪

エビフライのカレー! 最強ですね。出汁が美味しいぶっかけうどんも相変わらず美味しかったです。メニューは一部写真入りなので、日本人でなくても注文しやすそう。それにしても、いろんなメニューがあるなぁ。「トロふわ明太子チーズだし巻き玉子」とか「ネギまみれ 豆腐のコロコロガーリックステーキ」とか食べてみたーいw

このカレーは骨から出汁をしっかりと取り、ルーを何時間も煮込んだ本格的な自家製カレー。オーナーさんがずっと受け継ぎつつ改良してきた古いレシピなのだそうです。まったく食業界とは関係ないところから転職したとおっしゃっていたわりに・・・きっともともと食のセンスがおありの方なのでしょう。すでにここまででお腹いっぱいだったのですが 汗・・・一口いただいて、そのルーの味わい深さで目が覚めました。間違いなく日本のカレーですが、丁寧に作られた自家製ルーのまろやかさと、出汁のコクが伝わってきました。見た目もクラシック〜! ご飯がアーモンド型で成形されているのです。うれしなつかしのジャパニーズ・カレー♪

この日は5人で日本酒2本と白ワインを1本あけました ^^;    楽しいお酒というのは、こういう席のことを言うのでしょう。和食&日本酒を囲んでのおしゃべりは、また格別。地下には10名から15名ほどが座れる宴会にもちょうどよい部屋や、6名くらいまでの個室もあり、特別な日の会食にも使えそう。

和を意識した温かみが伝わる現代風インテリア、町の居酒屋さん風のそそられる品々から技術を感じられるお寿司まで、メニューはバラエティに富んでいて、またすぐにでも別のメニューを試しに戻ってきたくなります。次回は何をいただこうかなぁと、今から夢想しちゃう素敵で良心的な居酒屋さんです。

ツイッターでもいろいろつぶやいてます♪

twitter.com/absltldn
@absltldn

Unit 1, Doorington House, 9-15 Leather Lane, London EC1N 7ST

店名Mugen
最寄り駅Farringdon
住所Unit 1, Doorington House, 9-15 Leather Lane, London EC1N 7ST
電話番号020 7404 9665
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 18:00 - 23:00
URLhttps://www.mugenholdings.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す