ラテンの血がクールに騒ぐ、大人のタパス・バー

0

th_Condesa_banner

Condesa  コンデサ

何気に日本の都市の裏通りにある飲み屋街を思わせるコベント・ガーデンのMaiden Lane。このあたりは「オペラ・クォーター」とも呼ばれ、近くにあるロイヤル・オペラ・ハウスへの観劇前後に一杯飲みに立ち寄る人も多い通りです。いくつもの飲食店が連なる中で、ひときわ高いクオリティでグルメな人びとを引きつけているのが、2012年誕生の渋めタパス・バー、Condesa。外からの見た目も渋いですが、中に入っても渋い!

th_Condesa_1

昼間と夜ではぜんぜん雰囲気違うけど ^^

ここは南のバタシーにあるカクテル・バー「Zocalo」のチームが、より食べ物にフォーカスしてオープンしたお店。メキシコ・シティ出身のオーナーさんが、スペイン人のシェフと出会って始めたプロジェクトだそうです。店名はメキシコ・シティのクールなトレンディ地区にちなむものですが、スペイン語でも「伯爵夫人」の意味とのことで、とてもエレガント ^^   大人の雰囲気漂うグルメ処です。

左上はポーク・チークのタコス。私的にはこの日のハイライト。右下のイカスミ・ライスも美味しい♡

左上はポーク・チークのタコス。肉のフレーバーと舌触りが秀逸で私的にはこの日のハイライト。右下のイカスミ・ライスも美味しい♡

トルティーヤは完璧な焼き加減。右上のマグロとアボカドも一工夫ある美味しさ。左下がビートルートのカルパッチョでスモーク・ゴートチーズを巻いたもの。右下はパン・コン・トマテ♪

トルティーヤは完璧な焼き加減。右上のマグロとアボカドも一工夫ある美味しさ。左下がビートルートのカルパッチョでスモーク・ゴートチーズを巻いたもの。右下はパン・コン・トマテ♪

暗くてあまり上手く撮れなかったのですが・・・マグロのタルタル+アボカド、イカスミ・ライス、豚頬肉のタコス、ビートルートのカルパッチョ+スモーク・ゴートチーズ、完璧なトルティーヤなどなど、いただいたものはすべて美味♪ いちばん驚いた料理はスモークしたゴート・チーズをビートルートのカルパッチョで包んだ一品。暗くて正体が分からず、最初に口に入れたときは何がなんだかよく分からなかったのですが、ビートルートのカルパッチョが巻かれていると分かったときは素直に感動。非常にクリエイティブで繊細な一品でした。

メキシコとスペイン。熱き情熱たぎる二つのラテン地域が融合し、シンプルだけど、とても面白い料理の数々を創作しています。ロイヤル・オペラ・ハウスに平野亮一さんのバレエを観に行く? ならばぜひ、こちらで腹ごしらえを ^^

15 Maiden Lane, London WC2E 7NG

店名Condesa
最寄り駅Covent Garden / Leicester Square
住所15 Maiden Lane, London WC2E 7NG
電話番号020 3601 5752
営業時間月 12:00 – 22:00 火〜木 12:00 – 23:00 金・土 12:00 – 23:30 日 14:00 – 20:00
URLhttps://www.condesalondon.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す