教会空間に美々っとくる広東料理レストラン♪

0

th_Duddells_banner

Duddell’s   ダドルズ

再開発が着々と進んでいるロンドン・ブリッジ駅の裏手もちらほらと面白い新レストランが登場しつつありますが、ロンドンが渇望している中華料理のニュープレーヤーが2017年11月に上陸しています。Duddell’s。香港で2013年、アート・コレクターの富豪3人によって立ち上げられた高級レストランのロンドン店です。

元セント・トーマス病院の一部だった建物

元セント・トーマス病院の教会だった建物(右)

建物の2階には、その昔、手術室(operation theatre)だったときにちなんだ小劇場「The Old Operation Theatre」がある。

建物の2階には、昔の手術室をミュージアムにした「The Old Operation Theatre」がある。麻酔がなかった時代の手術室をじっくり見学してみるのも面白い。

レストランが入っているビルは15世紀末頃にはすでにセント・トーマス病院に併設された教会があった跡地で、現在の建物は1703年に再建されたものだそうです。それでも十分に古いですよね ^^   レストランはその元教会を、ロンドンを拠点にしている建築事務所Michaelis Boydが大規模に改修したもの。香港のレトロな建築やオーナーたちのアート趣味、ロンドンらしい現代性を融合したスタイルだそうです。これがこれが本当に大成功! 入り口に立っても一見しただけでは内部のゴージャスさは伝わらないのですが、建物に入るとあっと驚くエレガントかつコンテンポラリーな空間が広がっています♪

th_Duddells_2

こちらのキャセイ・パシフィックさん運営のガイドによると、店名は19世紀半ば、マカオから香港に移住してきた富豪ダドル兄弟にちなんで名付けられたダドル・ストリートに由来しているそうです。このリンクにとっても詳しく素敵に書いてあるので、香港のダドルズに興味ある方はぜひぜひ見てみてください ^^

お店の由来やインテリア仕様も含めて、総合的にみてかなりアップマーケットなレストランであります。アラカルトはややお高め。もちろんグループでシェアすればそれなりにリーズナブルになります。さらにランチなら3コースで25ポンドと、とてもお得なセット・メニューがあるので、そちらでまずお料理の味を知ってからアラカルトに挑戦してみるという手もおすすめです。ゆえに私たちは、セット・メニューを選択♪

th_Duddells_3

メニューやショップカードなどのグラフィックがとてもユニーク!

ランチのセット・メニューは前菜に3個入り点心セット、スープが付いて、メイン1品選択+卵ごはんという4品構成スタイル。デザートは5ポンド追加で注文することができます。この日は3名で2つのセット・ランチを注文し、少しだけアラカルトを追加したのでかなりリーズナブルに。スタッフの皆さんもとてもフレンドリー、かつ豪華インテリアも手伝って、至福のランチタイムとなりました。

繊細でジューシーな点心類♪ これで一人分。

繊細でジューシーな点心類♪ これで一人分。

右上が鴨肉のサラダ。鴨は揚げてあるので、とてもボリューミー。左下がホット&サワー・スープ。こちらもいいお味☆

右上が鴨肉のサラダ。鴨は揚げてあるので、とてもボリューミー。左下がホット&サワー・スープ。こちらもいいお味☆

主菜の一つ、酢豚。庶民の酢豚とはひと味違う!

主菜の一つ、酢豚。庶民の酢豚とはひと味違う!

左上がアンコウ(モンクフィッシュ)と野菜の炒め物。右下はなんと、お隣さんが注文していた北京ダックを隣から激写!

左上がアンコウ(モンクフィッシュ)と野菜の炒め物。イチオシ。右上がセットの卵ごはん。右下はなんと、お隣さんが注文していた北京ダックを隣から激写!w すごく美味しそう♪

手作りされる点心類はどれも繊細で美味しく、ホット&サワー・スープも2人前を3人分に分けてくれる心遣いあり。主菜には酢豚、アンコウの炒め物を選び、そこへ鴨肉のサラダを追加。香港ではミシュラン一つ星を獲得しているというだけあり、どれも丁寧に調理されていて、素材も新鮮、一様に美味しくいただきました。そしてデザートも各5ポンド追加で2品を注文。こちらも東洋・アジア的な味わいで美味しかったです♪

黒ゴマのクリスプと一緒にいただく柚子タルト♡ 右下の写真を見ていただくとお分かりのように、2階部分にもテーブル席があるのですが、雰囲気は断然1階のほうがよかったです。

黒ゴマのクリスプと一緒にいただく柚子タルト♡ 右下の写真を見ていただくとお分かりのように、2階部分にもテーブル席があるのですが、雰囲気は断然1階のほうがよかったので、できれば1階へ。

こちらはココナッツ&ライム・パンナコッタ。訪れた日が私の誕生日に近かったこともあって友人がバースデー・プレートにしてくれてました♡

こちらはココナッツ&ライム・パンナコッタ。訪れた日が私の誕生日に近かったこともあって友人がバースデー・プレートにしてくれてました♡ありがとう〜

接待にも記念日ご飯にも使えそうな、素敵中華の登場でちょっとワクワクしました。高級中華料理店は市内各地にありますが、こういったインテリアの店はあるようでない。今後もぜひ利用したいと思います♪

9A St Thomas Street, London SE1 9RY

店名Duddell’s
最寄り駅London Bridge
住所9A St Thomas Street, London SE1 9RY
電話番号020 3957 9932
営業時間月〜土 12:00 – 15:00 / 18:00 - 23:00 日 12:00 – 15:00 / 18:00 – 22:30
URLhttps://www.duddells.co/london/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年にAbsolute Londonを立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。

コメントを残す