オットレンギ帝国からのスピンオフと言わないで

0

Scully_banner

Scully  スカリー

2000年代初めにオープンしたデリ・カフェの中で、いまだに行列ができる店はもう「Ottolenghi」くらいしかないのではないでしょうか。その折衷主義の新鮮なスタイルで、その後のロンドンのデリ・シーンに巨大な影響を与えたオットレンギは、Nopiという名でレストラン形態にも挑戦して成功、オーナー・シェフのオットレンギさんはテレビで活躍するスター・シェフとなり、今でも多方面から尊敬を集める存在です。ゆえに今のロンドンでは「元オットレンギ・シェフ」と言うと、かなりのステータスで迎えられる称号です。ましてやそのお姉さん格であるNopiの元ヘッドシェフの店と言うと・・・これは業界が注目せざるを得ない店なんですね。

近代的なビルの1階にできたスタイリッシュな店

近代的なビルの1階にできたスタイリッシュな店

2018年3月、セント・ジェームズの再開発地区の一角にオープンしたScullyは、オットレンギを経てNopiのヘッドシェフとして活躍していたラマエル・スカリーさんが満を持してオープンしたスタイリッシュなレストラン。自身が中国人、インド人、インドネシア人、アイルランド人の血を引いているという多民族の申し子だけあり、その料理のスタイルもNopi時代からキラリとした輝きを放つ創作的な食材・フレーバーの組み合わせで広く知られていました。

左上はお通しのスパイシーひよこ豆。おつまみに最高♪

左上はお通しのスパイシーひよこ豆。おつまみに最高♪

今回いただいたメニューも、ユニークさという点ではこれまで私が経験してきた食体験の中でもトップクラスの出来映え! 例えば舌の上でゆっくりと溶けていく牛アキレス腱入りのパフをヨーグルト・ディップにつけていただく一品、濃厚なナスのサンバル風味+ギリシャ・ヨーグルトを、アレパ(トウモロコシ・パン)に付けていただく一品(←オススメ♡)。

左がピリ辛サンバル風味のナス。インドネシア料理の影響が感じられます。右下が牛アキレス腱のパフ。とろけるような食感を楽しみます☆

左がピリ辛サンバル風味のナス。インドネシア料理の影響が感じられます。右下が牛アキレス腱のパフ。とろけるような食感を楽しみます☆ 右上はナスと一緒にいただくアレパだけど、これは揚げてある。

メインには最近のロンドンのトレンディ・レストランに頻繁に登場する柔らかタコ料理のほか、お腹にも溜まるブラックライスとカブを合わせたパクパクといただけるマイルドな一品、シトラス入り味噌ドレッシングでいただく青菜サラダ、丁寧に調理されたポークベリーなどなど、テーブルに運ばれるたびに楽しくてワクワクするような力作が並びます。

タコ〜♡

タコ〜♡

右がブラックライス、左下が春菊のように楽しめた青菜の味噌ドレッシング。左上は牛パブ用のディップです!

右がブラックライス、左下が春菊のように楽しめたカーボネロの味噌ドレッシング。左上は牛パブ用のディップです!

今風な盛りつけのポーク・ベリー。ふつうに美味しい☆

今風な盛りつけのポーク・ベリー。ふつうに美味しい☆

デザートは生姜風味のマシュマロ+ルバーブという面白い組み合わせの一皿をシェア。こちらもジンジャーがほどよく舌を刺激するメレンゲのようなマシュマロと酸味が残るルバーブがマッチする秀作。最後まで美味しく楽しく完食しました。

ジンジャー・マシュマロはメレンゲのような舌触り♪

ジンジャー・マシュマロはメレンゲのような舌触り♪

ピカデリー・サーカス南側のセント・ジェームズは老舗劇場やショップが並ぶ商業エリアですが、ついに再開発の波で新しい店舗が続々と登場しています。中でもこのScullyは、オットレンギとも一線を画する注目の一店。刺激ある食体験をお求めなら、ぜひ♪

4 St. James’s Market, London SW1Y 4AH

店名Scully
最寄り駅Piccadilly Circus
住所4 St. James’s Market, London SW1Y 4AH
電話番号020 3911 6840
営業時間月〜土 12:00 – 15:00 / 18:00 - 22:30 日 12:00 - 16:00
URLhttp://www.scullyrestaurant.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す