デートにも使える美内装・美味なるターキッシュ☆

0

Kibele_banner

Kibele   キベレ

トルコに息づく、いにしえの大地母神の名を戴いた美しいトルコ料理レストラン。キベレはギリシャ神話で言うとアルテミスと同じ存在のようなので、月の女神ですね ^^  ギリシャ文明の影響が強いエーゲ海沿いのエリアに伝わる女神様みたいです。大地の女神は、もちろん豊穣の女神。土地から授かる豊穣を楽しみましょう♪

比較的静かなグレート・ポートランド・ストリート沿い

比較的静かなグレート・ポートランド・ストリート沿い

スタイリッシュな内装ですが、もちろんサービスはフレンドリー☆

スタイリッシュな内装ですが、もちろんサービスはフレンドリー☆

マスタード・イエローやオレンジなど暖色を基調とし、むき出しレンガの壁とモダンな家具を合わせたインテリアは伝統的なトルコ料理レストランとは一線を画し、居心地のよさと非日常的な高揚感の両方を感じられる見事なスタイル。私自身は入った瞬間に恋をしてしまいました ^^

フモスのお味は好みでした♡ 右下はフェタチーズとホウレンソウの伝統フィリングを巻いたペイストリー。ボリューミー!

フモスのお味は好みでした♡ 右下はフェタチーズとホウレンソウの伝統フィリングを巻いたペイストリー。ボリューミー!

左上がビーフ・ソーセージとハルミ・チーズ。

左上がビーフ・ソーセージとハルミ・チーズ。

メニューにはもちろん代表的なトルコ料理の名前が並びますが、注文して出てくるお料理はどれもワンランク上の装い。チョリソーのような味わいのビーフ・ソーセージやハルミ・チーズといったものでさえ、サラダと一緒に美しくプレゼンされます。中には山羊のチーズとクルミのサラダといった西洋との折衷精神が感じられる料理もあり(美味しい!)、テイストにメリハリを与えていると同時に、連れの中にどんな食の趣向の人がいてもそれなりに楽しめるように デザインされていると言えるのかもしれません。

山羊チーズとクルミのサラダ♪ パリパリのクラッカーも美味しい

山羊チーズとクルミのサラダ♪ パリパリのクラッカーも美味しい

そしてそして、事前にリサーチしてくれたトルコ料理好きの友人によると、このレストランの名物料理は野菜を詰めたチキンの栗ソース「Kestaneli Tavuk」、そしてラムと野菜の煮込み料理「Incik」なのだそう。さっそく注文!

これがウワサのチキンの野菜詰め、栗のソース。食べ応えあります

これがウワサのチキンの野菜詰め、栗のソース。食べ応えあります

右がラムと野菜の煮込み。左は伝統のムサカ。遅れてきた人が一人で注文して食べたのでお味知らず。悪しからずww

右がラムと野菜の煮込み。左は伝統のムサカ。遅れてきた人が一人で注文して食べたのでお味知らず。悪しからずww でも本人は「美味しい」と言ってましたよ。

チキンに栗のソース? これが意外とあっさりとしているうえに、繊細なコクも感じられて美味しい! 付け合わせのマッシュポテトもかなりリッチで滑らか。面白いコンビネーションの一皿ですがハーモニーあり。バルガーウィートと一緒に供されるラムの煮込みには野菜もいっぱい。これは一人で全部平らげたい美味しさでしたw ラムと野菜の量のバランスも◎

さて、この手のトルコ料理レストランは、デザートも期待できます! というわけで伝統のバクラヴァのデザートを注文してみると・・・ピスタチオのバクラヴァにピスタチオ・アイスがついてきて大満足☆ ミルクプリンはライスプリンでしたがココナッツアイスとの相性もよくさっぱりといただける日本人好みのお味。

バクラヴァとミルクプリン。左上はトルコの伝統ティーで、スタイリッシュなレストランにしては、トルコの庶民の器で出てきた(笑)

バクラヴァとミルクプリン。左上はトルコの伝統ティーで、スタイリッシュなレストランにしては、トルコの庶民の器で出てきた(笑)

雰囲気がたいへんよく、総じてお味のよいレストランでしたので(お値段もリーズナブル)、また何か機会があればぜひ再訪してみたいです♪

175-177 Great Portland Street, London W1W 5PJ

店名Kibele
最寄り駅Great Portland Street / Regent Park
住所175-177 Great Portland Street, London W1W 5PJ
電話番号020 7436 0600
営業時間月〜木 12:00 - 23:00 金12:00 – 00:00 土 10:00 – 00:00 日 10:00 – 23:00
URLhttp://www.kibele.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す