ロンドン育ちの美しきトルコ料理

0

th_Kyseri_banner

Kyseri  キセリ

発売直後に重版が決まって絶好調発売中♪の『ロンドンでしたい100のこと』でも、100件のうちの1件としてご紹介しているモダン・トルコ料理レストラン、Oklavaの新しい仲間と言えば、私の興味の度合いをお分かりいただけるでしょうか。2015年、ショーディッチにOklavaができて3年、ロンドンらしい新トルコ料理を提案し続ける女性デュオが、今年5月に中心部への進出を成功させました。

店名はカッパドキア周辺のエリア名

店名はカッパドキア周辺の都市名にちなんで。

こじんまりとした店内だけど、手前にはバーもあります

こじんまりとした店内だけど、手前にはバーもあります

インテリアは東の店に比べるとややエレガントさを増して客層の違いを意識している印象。さほど広くはない店内ですが、大手バックなしにこれだけの店を出せるってやっぱり認められている証拠。ではでは実力派シェフのお手並み拝見・・・

左上のカナッペは、ラム肉をグリルしたアプリコットにのせた一品で美味しいのだけど、1本のお値段は安くないです。左下の自家製パンも美味しい!

左上のカナッペは、ラム肉をグリルしたアプリコットにのせた一品で美味しいのだけど、1本のお値段は安くないです。左下の自家製パンもムチムチ系で美味しい!

少し驚いたのは、Oklavaとは全く違うメニューを提供していたことです。さすがクリエイティブなシェフ、同じことを繰り返すのを潔しとしなかったのでしょう。特徴的なのはトルコのアジア側でよく食べられているマンティと言われるトルコ風ダンプリングや、もともとペルシャから来たという小麦粉を使った卵入り麺「エリシテ」をスペシャリティにしていること。マンティは試さなかったのですが、エリシテはレモン、セージの香りがするパスタをトゥルム・チーズでいただくリッチな一品。トゥルム・チーズは山羊や羊のミルクから作られるのですが、クセもさほどなくエキゾチックな風味が◎

左がショート・パスタのエリシテ。風味がエキゾチックで、クルミや卵黄を絡めていただきます♪ 右上がポテト・グラタン。濃厚なお味。

左がショート・パスタのエリシテ。風味がエキゾチックで、クルミや卵黄を絡めていただきます♪ 右上がポテト・グラタン。濃厚なお味。

右がズッキーニのライス詰め、左がイカ料理。

右がズッキーニのライス詰め、左がイカ料理。米料理はさっぱり系なので口直しにいいかも。

その他にイカを使った一品、お米を詰めたズッキーニとかキプロス風ポテト・グラタンなどを注文し、舌は大満足。締めにチェリー・クランブルを注文、こちらも甘さ控えめ上品なデザートとなりました^^

チェリー・クランブル美味しい♡ トルコ・コーヒーも甘さと深みを感じられる優秀な出来栄え。

チェリー・クランブル美味しい♡ トルコ・コーヒーも深みを感じられる優秀な出来栄え。

全体としてはとても満足したのですが、量的にはとても上品な印象。Oklavaよりも若干割高には感じたけれど、中東料理がどこまで飛躍できるのかという可能性を目の当たりにできるという意味では、大きくお勧めします。

64 Grafton Way, London W1T 5DP

店名Kyseri
最寄り駅Warren Street / Great Portland Street
住所64 Grafton Way, London W1T 5DP
電話番号020 7383 3717
営業時間火〜土 12:00 – 15:00 / 17:30 – 22:00
URLhttps://www.kyseri.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す