熱きオタク系シェフによる一流パイ料理をグラマラスに

0

th_Holborn DIning Room_banner

Holborn Dining Room  ホルボーン・ダイニング・ルーム

ホルボーンにある5つ星ホテルRosewood Hotelに併設されているゴージャスなブラッセリー。英国料理に特化したメニューは、セレブたちに今でも愛されるThe Ivyをはじめ、豪華ホテルのキッチンで豊富な経験を積んでいるエグゼクティブ・シェフ、カラム・フランクリンさんが監修しています。

カラムさんは16歳のときからキッチンに立っている叩き上げで、現在は「パイと言えばカラム・フランクリン」とすぐさま名が挙がるほど、パイ料理&ペイストリーの名手として業界では知られた存在なのですが、実はペイストリー・セクションで本格的なトレーニングは受けたことがないという天才肌。つまり好きが高じて自分で腕を磨いていったオタク系シェフ^^  でもあるのです。そして今では、ホルボーン・ダイニング・ルームと言えば「パイ料理」と連想されるほどの代表店となっています。

左がバー寄りのカウンター・テーブル席。

左がバー寄りのカウンター・テーブル席。ここだって情緒いっぱい♡

訪れたのは平日の早い夕方だったのですが・・絶対に座れるとタカをくくっていたらなんとレストラン席は予約でいっぱい!  急遽バーの脇にあるカウンター・テーブル席での会食となりました^^  このレストランはずっと気になっていたのですが、実際に中に足を踏み入れてみて人気の高さの理由がわかりました。とにかく美しい。内装が半端なくゴージャスなのです。ホテルの宿泊客だけでなく、きっとご近所で働いているロンドナーのリピーターも多いのだと容易に想像できました。

カウンター・テーブル席ではバー・メニューしかいただけないと案内してくれたスタッフの方から聞いて残念に思っていたら、注文を取りにきてくれた2人目のウェイトレスさんが「レストラン・メニューからの注文でもいいわよ!」と気軽に言ってくださったおかげで通常メニューから料理を選ぶことができました♪

というわけで、パイ料理は必須! 日本からロンドンを訪れていた連れにパイを選んでもらったら、イギリスらしいポーク・パイをチョイス♡ ポーク・パイと言えば冷製のものをピクニックに持参するといったイメージがありますが、温かいポーク・パイも乙なものでした。

ずっしりと食べ応えのあるポーク・パイ!

ずっしりと食べ応えのあるポーク・パイ!

ジューシーなミートがぎっしり♪

ジューシーなミートがぎっしり♪

これでもかとミートがぎっしりと詰められたフィリングは、あくまでジューシー。表面がカリリと仕上がったペイストリー部分は、イギリス伝統のレシピを継承してあり、なかなかどっしりと食べ応えがありました。フィリングの塩気は若干強いほうですが、パイという性質上、しっかり味なのは当たり前。大きなパイは女性2名でいただくのに余りある大きさで、付け合わせにサラダやケール、ポテト・フライなどを頼むとバラエティ豊かな栄養食になりました♪

付け合わせも美味しいです☆ 右はジン・バーの一部。

付け合わせも美味しいです☆ 右はジン・バーの一部。

パイはベジタリアン・オプションも含めて5種類を用意。シグニチャーはカレー味のマトン・パイみたいなので、次回は必ずマトン・パイを食べてみたいな♡ お隣には持ち帰り専用の「The Pie Room」もあり、レストランでいただけるのと同じクオリティの美しいパイたちをピクニックのお供にすることができます^^

またこちらのバーは、ロンドン市内で最も豊富にジンを取り揃えているバーとして知られ(500種!)、トニックも30種類を揃えているので無数の組み合わせでジン&トニックをお楽しみいただけるという趣向。裏手には緑したたる小さなパティオ席があり、夏日続きの今年はさらに大きな人気を博しているようです。ホテルっていろいろな使い方ができていいな〜と、改めて利用価値を噛み締めている今日この頃です。

252 High Holborn, London WC1V 7EN

店名Holborn Dining Room
最寄り駅Holborn
住所252 High Holborn, London WC1V 7EN
電話番号020 3747 8633
営業時間月〜土 7:00 – 22:30 日・祝 7:00 – 22:00
URLhttp://www.holborndiningroom.com
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す