安定したクオリティ♪ 日本人好みの本場タパスならここ

0

th_ElPirata_banner
El Pirata  エル・ピラータ

グリーン・パークと言えば、我々日本人にとっては心の拠りどころでもある日本大使館のあるエリアです。この大使館の裏手をもうちょっとハイド・パーク寄りに歩いた場所に、スパニッシュ・タパスの名店として変わらぬ店構えで迎えてくれるエル・ピラータがあります。

昨今、これだけ入れ替わりの激しいロンドンのレストラン業界にあって、四半世紀以上に渡ってずうっと安定した姿を見せてくれているというのは喜ばしいと同時に、ホッとする心持ちにもなります。それは地元の人々にとっても同じみたいで、ここは昔からイギリス人に大変人気のあるレストランなんですよね。おそらく90年代には界隈にさほどめぼしいレストランがなかったから、という理由もあるかもしれないですが、もちろん、味とサービスの良さ・安定感でもピカイチ! 文字通り、地元民・地元ワーカーたちに愛され続けるレストランなのです♪

老舗の貫禄。早い夕方だったけれどどんどん埋まってしまう人気ぶり。

メイフェアの静かな通り沿い。早い夕方だったけれどどんどん埋まってしまう人気ぶり。

エル・ピラータでは何度も食事をしたことがあるのですが、その度に間違いなく楽しめるレストランだな♡という思いを新たにするのであります ^^ そして今回、すごく久しぶりに食事をする機会がありました! やっぱり日本人の皆さん多いですね〜。というのも、ここはロケーションが近いこともあって日本大使館さん御用達だからなのです ^^

こちらは1階のバー・フロア。ここも良いけど地下もコージーです♪

こちらは1階のバー・フロア。ここも良いけど地下もコージーです♪

スパニッシュ・タパスはこれでなくっちゃ♪

スパニッシュ・タパスはこれでなくっちゃ♪

定番ハモン・イベリコもパンコン・トマテも旨い! これぞ王道の先付け。そしてハム・コロッケもクリーミーなフィリングがナイスです。そして忘れてならないのがガリシア風のタコ。ワインが進む美味しさ♪ 初めて頼んだナスの詰め物チーズ・ソース、意外なコクと深み!

イベリコ・ハムのコロッケ!  右上はお口をすっきりさせてくれるロケットのサラダ。

イベリコ・ハムのコロッケ! 右上はお口をすっきりさせてくれるロケットのサラダ。おすすめ!

外せないタコ〜〜。ナスも美味しかったです♪

外せないタコ〜〜。ナスも美味しかったです♪

そして・・・メニューに目が釘付けになってしまった「baby eel」! じつはこのスペイン名物、鰻の稚魚のアヒージョについて数日前に友人と話をしたばかりだったからなのです。

友人「鰻が獲れなくなって、スペインでは1皿100ユーロくらいする高嶺の花になってるんだよ」
私「でもロンドンのタパス屋さんでで20年近く前に食べたよ」
友人「ええっ。それって本物? 近年は日本のカニカマ技術を使った本物に似せた商品があってスペインの庶民はもっぱらそれを食べるらしいよ」
私「ええっ」

シラウオかとも思える佇まい。丸いのはポテトです。独特のコクが◎

シラウオかとも思える佇まい。丸いのはポテトです。独特のコクが◎

さて、やって来たbaby eelを見てこう思った私。「やっぱ本物じゃん」。「これが偽物なわけないよねー」と連れと頷きあいながら大変美味しくいただいたのですが・・・お値段が11.50ポンドと破格に安いのです。家に帰って気になった私はスペインの鰻事情について調べていて気づきました。

本物はアングーラと呼ばれるらしいですが、偽物はグーラ。そしてメニューの英語の説明書きにはbaby eelと書いてあるのですが、スペイン語のメニュー見出しはちゃんと「gula」となっておりました ^^ それでさらに気づいたのです。グーラの技術がいかに優れているかに。もちろん魚のすり身を使って作られるグーラなので、魚の味がします。しかも鰻の稚魚らしいコクのようなものもあり、まさに鰻!! これで十分美味しいです、グーラ(笑)。いや、本当にオススメです ^^(ちなみに私が20年近く前にいただいたのは本物だったと思います。目が付いてたから〜)

そしてやっぱりパエリア!! この日はシーフードで行ってみました♪

シーフードのパエリア! 二人前って書いてるけど4人くらいでシェアしてちょうどいいす。

シーフードのパエリア! 二人前って書いてるけど4人くらいでシェアしてちょうどいいす。

じつは以前の記憶をたどると、ここのパエリアは(本場と同じく)ちょっと塩がキツいかなーという印象だったのですが、この日のパエリアは完璧。塩加減、米の炊き加減、全部素晴らしく堪能させていただきました♡

普段はタパス屋さんでデザートをいただくことはほぼないのですが、この日は勢いづいて一品シェアしてみました。チョコレート・ケーキ! このケーキには予想を良い意味で裏切られました。かなり甘さ控えめで繊細なお味だったのです〜。こういう正統派のチョコレート・ケーキも、たまには良いものです ^^

th_ElPirata_8

 

それと忘れてならないのが、良質のスペイン産ワインを140銘柄も取り揃えていること。だからワイン好きの人々にとっても足を運ぶ価値のあるレストランなんですね。記憶をたどれば、昔はワイン通の人たちとよく来ていたのでした。

久しぶりに来て思ったのですが、エル・ピラータの魅力・・・やはりイタリアンやスパニッシュのレストランで体験することができる正統派の魅力、と言えるでしょうか。スタッフの皆さんの気遣い、安心できるメニュー構成と味、お手頃な価格。エル・ピラータの場合は、そこにちょっとしたクールさも加わります。セレブや街の名士に人気なので、気さくさの中にも品格が漂っているのです。いつまでもそこにあって欲しい、そう願ってやまないレストランなのです。

5-6 Down Street, London W1J 7AQ

店名El Pirata
最寄り駅Green Park
住所5-6 Down Street, London W1J 7AQ
電話番号020 7491 3810
営業時間月〜金 12:00 – 23:30 土 18:00 – 23:30
URLhttps://www.elpirata.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す