たこ茹でパフォーマンスありの話題店

0

th_Sabor_banner

Sabor  サボール

リージェント・ストリートの中間あたりから突き出たHeddon Streetは、飲食店がカラフルにひしめくコの字型の通り。お洒落なモロッコ料理レストランのMomoや、大重宝するベジ・ブッフェ・レストランTibits、新登場している美味しそうな和食のSakaguraなどなど、ますますグルメな通りに変貌中です。そこへ! 今年3月に新しくデビューしたのが、こちらのSabor。スペイン・タパスの優良店として大人気のBarrafinaで名を上げた女性シェフが始めた新しいお店なのです。

郷愁を感じる店構え。木枠のドアもそれっぽい

郷愁を感じる店構え。木枠のドアもそれっぽい。この写真だけみるとスペインの地方都市ぽくないですか?

入り口に立ったとき「やるな」と思ったのは、注意深くスペインの田舎風を演出した素朴な店構え。ほっとする郷愁に一気に心が和んでいくのが分かります^^  タイルの看板やSaborの古い書体にキュンとしながら中に入ると、今度は本場の大衆タパス処を再現したようなカウンター席が1階の大部分を占めているのが目に飛び込んできます。このカウンター席は今でも争奪戦のようですが、やはりキッチンを見ながらの食事は気分も盛り上がります↑

1階のメイン・カウンター! いつも賑わっております。

1階のメイン・カウンター! いつも賑わっております。

この日は予約を入れてあった2階席へ! こちらも素朴路線を踏襲していて、わざと洗練を抑えた田舎風の明るいインテリアが好印象。2階にも素敵なカウンターがあるのですが・・・

こちらは2階のカウンター

こちらは2階のカウンター。タイルがいいね!

温かいパン♡ これもやっぱり塩気が強いのよね

温かいパン♡ これもやっぱり塩気が強いのよね

このカウンター内では名物のガリシア風タコを作るためのタコを茹でるタイミングになると、お客さんに声をかけて「見てみて〜!」と声をかけてくださるのです^^  巨大なタコが大釜に入れられ地獄の業火であっちっち・・というわけではないのですがw   面白いサービスだなぁと思いました^^   本場スペインでもそういうことあるのかな??

ガリシア風タコはここの名物! タコ・パフォーマンスは間近で見ることも可能w

ガリシア風タコはここの名物! タコ・パフォーマンスは間近で見ることも可能w  ザブザブ浸かるのでどちらかというと「いい湯だ〜な♪」という印象ですww

タパス・メニューは基本的に正統派ですが、例えばこちらはイカ墨煮をパイ生地で包んだ一品で、ロンドンではあまり見かけたことがありません。イカは柔らかくパイ生地もサクサク、塩気が強くワインが進みます。

イカ墨煮が入ったパイ♡ 2口くらいでちょうどいい塩加減です

イカ墨煮が入ったパイ♡ 2口くらいでちょうどいい塩加減です

美しいトルティーヤはトレンド通りの中しっとり系。左上は本日のお魚のモンクフィッシュ。左下がエビとキノコの炒め物で、もっともしっくり来た塩加減でした

美しいトルティーヤはトレンド通りの中しっとり系。左上は本日のお魚のモンクフィッシュ。左下がエビとキノコの炒め物で、もっともしっくり来た塩加減でした

トルティーヤ、モンクフィッシュ(アンコウ)の唐揚げタルタル・ソースなど、シンプルな料理が確かな技術で上手に調理されているのが感じられます。上の写真、左下のエビとキノコの炒め物が塩加減も好みでお気に入りでした^^

スペイン人シェフによる自信を感じられるお料理は間違いなく美味しいのですが、塩加減がやや強め。ワインを美味しくたくさんいただきたい方、本格スパニッシュ・タパスのファンの方にはおすすめです。もっとも、料理を選ぶときに、もう少しメリハリのあるテイストで選択するのがベターなのかも^^;  次回は生のサラダなども組み合わせたいと思います! メイフェアでSOHOっぽいタパスをいただきたくなったときに、ぜひ♡

th_Sabor_8

Saborはスペイン語でテイスト/フレーバーっていう意味。

35-37 Heddon Street, London W1B 4BR

店名Sabor
最寄り駅Oxford Circus / Regent Street
住所35-37 Heddon Street, London W1B 4BR
電話番号020 3319 8130
営業時間火〜土 12:00 – 14:30 / 17:30 - 22:00 日 13:00 – 18:00
URLhttp://www.saborrestaurants.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す