ロンドナーが渇望する、炭火焼ペリペリ・チキンおしゃれ版!

0

th_Casa do Frango_banner

Casa do Frango  カーサ・ド・フランゴ

ロンドナーたちが大好きな日常使いのファミリー・レストランといえば、Nando’sをおいて他にないというのが、大半のロンドナーたちも異論のないところだと思います。ナンドスはジューシーなペリペリ・チキンで有名で、大人も子供も大好き。でも、もう少しスマートな環境で、例えばデートにも使えそうな(もちろんナンドスをデートに使うカップルもいるでしょうが……)ペリペリ・チキンの店があったらなぁ……と夢想していた人がいたら、ここが、その場所です。

ポルトガル語で「チキンの家」と言う名のバー風のレストランがロンドン・ブリッジ駅近くにオープンしたのは今年の夏。ここはポルトガル最南端に位置するアルガルヴェ地方でもペリペリ・チキンを中心とした料理を、カジュアルに、楽しくいただくためのスタイリッシュな空間です。高架下にある倉庫風のちょっと暗い建物の2階に上っていくと・・・

ちょうどバラ・マーケットの裏手あたりのサザーク・ストリート沿い。

ちょうどバラ・マーケットの裏手あたりのサザーク・ストリート沿い。

そこにはインダストリアル風にまとめたシャビーシックな空間が! 天井が高く、かなり広々としているので大勢でも息苦しく感じずに無理なく座れそうです♪

暗い階段を上がっていくと、このゴージャスな空間が広がっているっていうのもサプライズ。ちなみに階下にはコベント・ガーデンで人気だったNativeっていうモダン・ブリティッシュの店が移転してます。こっちはポップアップかもしれませんが。

暗い階段を上がっていくと、このゴージャスな空間が広がっているっていうのもサプライズ。ちなみに階下にはコベント・ガーデンで人気だったNativeっていうモダン・ブリティッシュの店が移転してます。こっちはポップアップかもしれませんが。

この豆は突き出し。皮が分厚いけど日本人ならモソモソ食べちゃうw

この豆は突き出し。皮が分厚いけど日本人ならモソモソ食べちゃうw

アルガルヴェ地方というのは海に面しているので魚をたくさん食べるみたいですが、実はペリペリ・チキンも本場のよう。例えば気のおけない女友達と訪れたなら、おつまみにサクッとした衣が好印象のホワイトベイツのフライをつまみながら、ホルトガル特産の爽やかグリーン・ワイン(ヴィーニョ・ヴェルデ)を片手に、ご機嫌な夜をスタート……。

ホワイトベイツのフライ(左)と、塩鱈とひよこ豆のサラダ。右上がグリーン・ワイン! シュワっとした微発泡の喉越しが料理によく合う

ホワイトベイツのフライ(左)と、塩鱈とひよこ豆のサラダ。アイオリ・ソースがこんなにかかってなくてもいいかも ^^;  右上がグリーン・ワイン! シュワっとした微発泡の喉越しが料理によく合います♪  数種類あるけどハウスで十分美味しい。

バーで仕事帰りに一杯も似合う。料理がおつまみサイズなのがいい

バーで仕事帰りに一杯も似合う。料理がおつまみサイズなのがいい

その後は、放し飼いの健康な鶏を使ったチキンをぜひ(ハーフが9.5ポンド)。炭火の上でじっくりと焼いた香ばしくも柔らかなチキンは、レモン&ガーリック、オレガノ、そしてペリペリ・ソースの3つから選べます。

右が炭火焼チキンのハーフ! 3人でシェアしたけど、おつまみと思えばちょうどいい量でした ^^  もっとがっつりいただきたい人は、これをメインとして、付け合わせをいくつか付けると、とてもボリューミーな食事に。左上はトマトときゅうりのサラダ。とても丁寧に作られていて、見た目以上に美味でした。左下はタコ・ライス。ご飯が柔らかめ。

右が炭火焼チキンのハーフ! 3人でシェアしたけど、おつまみと思えばちょうどいい量でした ^^   もっとがっつりいただきたい人は、これをメインとして、付け合わせをいくつか注文すると、とてもボリューミーな食事に。左上はトマトときゅうりのサラダ。丁寧に下ごしらえされていて見た目以上に美味でした。左下はタコ・ライス。ご飯が柔らかめ。

ポルトガル本場の伝統チキンは、炭火の上でじっくりと焼いてからソースをつけるとウェブサイトには書いてありますね。実際、ペリペリ・ソースは別容器でもサーブされたと記憶しているので、辛いのが苦手な人はそのままいただいても十分に美味しかったですよ。付け合わせには各種ライスやサラダがあり、栄養バランスもバッチリ。

この日はアイスクリームで軽くフィニッシュ。ポルトガル・コーヒーの「Bica」もお忘れなく。

この日はアイスクリームでお口の中をリフレッシュ。ポルトガル・コーヒーの「Bica」もお忘れなく。

食後にはアイスクリームを添えた贅沢気分のポルトガル名物カスタード・タルト(ナタ)やチョコレート・ムースをいただいてもよし。全てが、ちょっとずつ食べたい日本人にはちょうどいい量なのも嬉しいところ。全体的にリーズナブルに済ませることができるので、これからのクリスマス・シーズンの救世主となるかもしれません。

1st Floor, 32 Southwark Street London SE1 1TU

店名Casa do Frango
最寄り駅London Bridge / Bermondsey
住所1st Floor, 32 Southwark Street London SE1 1TU
電話番号020 3972 2323
営業時間月〜金 12:00 – 15:00 / 17:00 – 23:00(木・金は00:00まで)土 12:00 – 00:00 日 12:00 – 22:00
URLhttps://www.casadofrango.co.uk
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す