あったか麺で身体ポカポカ、台湾料理の定番

0

th_Leongs Legend_banner

Leong’s Legends  リオンズ・レジェンド

香港・広東系の移民が作り上げていったロンドンの中華街では、台湾料理の店は珍しいこともあって10年ほど前に中華街内の別ロケーションにオープンしたとき、あっという間に話題となったリオンズ・レジェンド。メディアでよく取り上げられた理由は「台湾小皿」や「台湾ストリート・フード」といった、ちょっとお洒落なイメージで売り出したことも手伝っているのかもしれません。現在は中華街の中でも目抜き通りとなるGerrard Street沿いに移り、変わらない独自メニューでファンを喜ばせています。

th_Leongs Legend_1

垢抜けないインテリアが多いチャイナタウンのレストラン業界に、コンテンポラリーな感覚を持ち込んだインテリアも話題になりました

垢抜けないインテリアが多いチャイナタウンのレストラン業界に、コンテンポラリーな感覚を持ち込んだインテリアも話題になりました。メニューは瓦版風。

当店の定番人気メニューは、小龍包、豚バラ煮込みライス、牡蠣オムレツなどですが、じつは最近の訪問でスープ・ヌードルがとても美味しいことに気づきました♡

定番の小龍包。4人くらいでシェアしたい♪

定番の小龍包。4人くらいでシェアしたい♪

グリーンを頼むなら青梗菜のガーリック・ソース(右上)がおすすめ。空芯菜もいいかも。ニンニクの芽(左下)はオススメしません。右下は豚の煮込みライスですが、これとは別に豚バラ肉のライスがあります。左上がさっぱり美味しかったビーフ・ヌードル♪

グリーンを頼むなら青梗菜のガーリック・ソース(右上)がおすすめ。空芯菜もいいかも。ニンニクの芽(左下)はちょっとオイリーなので強くはオススメしません。右下は豚の煮込みのもち米ライスですが、これとは別に豚バラ肉のライスがあります。左上がさっぱり美味しかったビーフ・ヌードル♪

ボリューミーな牡蠣オムレツ! 牡蠣が新鮮だったらサイコー!

ボリューミーなふわふわ牡蠣オムレツ! 牡蠣が新鮮だったらサイコー!

次回は独り占めしたいエビと豚ミンチのたまご麺。野菜ものって栄養満点。

次回は独り占めしたいエビと豚ミンチのたまご麺。野菜ものって栄養満点。

いただいたのは「エビと豚ミンチの卵麺」「さっぱりビーフの平打麺」です。両方ともスープが上品で大変美味しくいただきました。前者はトッピングの味付けでさらに味に奥行きが出ていて、後者のビーフ麺は牛肉が柔らかく臭みもなく、しっかりとした旨味を感じられるのが特徴です。これからの季節、ぜひ試していただきたいスープ・ヌードルたちです^^

これまで複数回、この店を訪れて思うのは、名物の小龍包はコスパはいいけれど、ここが決してベストではないということ。豚バラ煮込みライスを食べているのは、台湾人の人たちが多いということ。台湾名物の牡蠣オムレツはボリュームもあってワクワク感がありますが、この度、初めて当店のものを食して感じたのはオムレツ部分はかなり美味しいけれど「牡蠣が新鮮でない」ということ。もしかすると、別の日に訪れたら別の感想になるのかもしれないですが・・もしかしたら、もうここでは注文しないかも^^;  それと、隣の席でネイティブの中国人の方が食べていた鶏の煮込み系料理が美味しそうでした。

そして特筆すべきは、デザートです! そう、ここは粋なスタイルの小さなデザートが有名で、お味もなかなか良いです♪ 締めには緑豆ゼリーや杏仁豆腐をぜひ。

ハート形のデザートたち♪ お味も良いです♪

小さなハート形の甘味たち♪

『水滸伝』にちなむ店名を冠した当店では、壁に梁山泊の面々が描かれていて興趣をそそります。グループで訪れてシェアするととってもお得。パーティーの季節なら火鍋も一考の価値あり☆

39 Gerrard Street, London W1D 5QD

店名Leong’s Legends
最寄り駅Leicester Square
住所39 Gerrard Street, London W1D 5QD
電話番号020 7434 0899
営業時間毎日 11:30 – 23:30
URLhttps://chinatown.co.uk/en/restaurant/leongs-legend/
Share.

About Author

江國 まゆ

岡山県倉敷市出身。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社勤務、雑誌編集・ライターを経て、1998年渡英。英系広告代理店にて各種媒体の翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。日本語翻訳リライトのスペシャリスト。2009年からフリーランス。趣味の食べ歩きブログが人気となり『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。2014年に「あぶそる〜とロンドン / Absolute London」を立ち上げ、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむかたわら、オルタナティブな生活、人間の可能性について模索中。あぶそる〜とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと』(自由国民社)を2018年に上梓。

コメントを残す